トップ > 賢人の食と心 > 安田 暎胤 ご長老様(後編)

古都、平城京の風薫る世界遺産 薬師寺(後編)

「水煙の天つ乙女が衣出のひまにも澄める秋の空かな」 会津八一
のどかな田園地帯の残る西ノ京に、まばゆいばかりの薬師寺は創建当時の壮麗な佇まいを今に伝えています。金色の水煙に舞う天女の裾が澄んだ空の青に染まり、境内にはどこからともなく風鐸(ふうたく)のカランカランと乾いた音が聞こえていました。

後編は、安田暎胤猊下に「食」についてのお話をお聞かせいただきました。 <前編はこちら>

安田 暎胤 (やすだ えいいん)

昭和13年 岐阜県岐阜市生まれ
昭和25年 薬師寺に入寺
昭和37年 龍谷大学大学院文学部修士課程修了
昭和42年 薬師寺執事長・法相宗宗務長に就任
平成10年 薬師寺副住職に就任
平成15年 薬師寺管主・法相宗管長に就任
平成21年 8月より薬師寺長老となられる
現在 薬師寺長老
(公財)世界宗教者平和会議 日本委員会 評議員
日中韓国際仏教交流協議会 常任副理事長
(公財)国際仏教興隆協会 理事長

■著書 
『佛の道を思う朝』(講談社 1990)『玄奘三蔵のシルクロード シリーズ』(東方出版1998-2002) 『心の道しるべ』(講談社 1999)『この道を行く』(講談社 2003)『人生の四季を生きる』(主婦と生活社 2003)『住職がつづる 薬師寺物語』(四季社 2004)『花のこころ』(講談社 2007)『まごころを生きる』(大法輪閣 2008)『五つの心』(主婦と生活社 2008)他

「五観の偈」を説く

五観の偈(ごかんのげ)とは・・・ 主に禅宗において食事の前に唱えられる言葉。中国から伝わり、日本では曹洞宗の祖・道元禅師 (1200年 - 1253年)が紹介したのち、広まったとされています。

食は正に命です。食べなかったら生きていけませんから。だから、食べる、いただきますものを吟味していただくんですけれど、まずは何より感謝の気持ちが大事です。 ここに「五観の偈」という、食前に唱える言葉があります。

「一には 功の多少を計り彼の来処を量るべし」 こうのたしょうをはかりかのらいしょをはかるべし

これは、お膳に運ばれて来るお料理がどれだけの人々の苦労の結果、運ばれて来たかということを考えよ、ということです。農業で働いておられる方もあれば、海で働いておられる方もある。生産されている方々のことです。それから市場に出て、買い物に行って、料理をする。それらの末に食事は出来上がるものですから、感謝していただきましょうということです。

「二には 己が徳行の全と欠と多と減とを忖るべし」  おのがとくぎょうのぜんとけつとたとげんとをはかるべし

これは、自分の行いが良いか悪いか、完全か欠点があるかを自己反省して、その食事を頂くだけの自分であるかをよく考えよ、ということです。働かざる者食うべからずということです。

「三には 心を防ぎ過を顕すは三毒に過ぎず」  こころをふせぎとがをあらわすはさんどくにすぎず

三毒の煩悩(ぼんのう)というのがあって、怒り、貪り(むさぼり)、愚痴。そういうものを無くさねばいかん。人間は腹が立つとからだの中から悪い分泌物がでるんですね。あんまり腹が立っていると食べものが食べられませんでしょ。ある実験があって、人間が怒ったときの息を試験管に吐き入れて、マイナス216度の液体窒素の中に入れると、その息が茶褐色になるそうです。それを溶かしてモルモットなどに与えると全部死んでしまうそうです。怒ったときにはそういう毒が出ているということですね。で、笑ったときは色が違うようです。だから、食事はそういう怒りをなくす為にもいただくということなのです。

「四には 正しく良薬を事として形苦を済わらんことを取る」   まさしくりょうやくをこととしてぎょうくをすくわらんことをとる

食事は良い薬として食べよということです。食事は薬と思って食べなきゃいけないということです。ですので、薬と同じように内容と分量が大事ですね。それと、食べる時(時間)が大事です。だから、薬を飲むように食事をいただきましょうという意味です。

「五には 道業を成ぜんが為なり世報は意に非ず」  どうごうをじょうぜんがためなりせほうはいにあらず

食べ物を頂くことは、人間完成、自己実現、そういったことを目指していただくんであって、立身出世が目的ではないということですね。食事というものは命を支える大きな力ですから、他の命をいただくからには、人間としてより素晴らしいことをしなきゃならないと。人間は万物の霊長ですからね。霊とは魂、心ですから。その最大のものは無我になるということです。一生かかってもなかなか出来ませんけども、永遠なるものを求めて永遠に努力する。それが菩薩の姿なんですね。「求むれば求むるほど菩提への道は愈々(いよいよ)遠くなる。されどこの道を行く。」と。目的を彼方に、より真で、より善く、より美しく、より聖なるもの。真善美(しんぜんび)を追求して生きて行けるのが人間です。向上心を持ってより望ましい人間になろうとする。それを大いに発揮するために食事をいただく。ただ寝て食べるだけでも悪くはないけども、人間として生まれさせてもらったことを申し訳なく思います。

命のないものは食べられません。すべていただくものは命を持っています。動物や植物を含め、他の命の犠牲において生かされているのが人間ですね。ですから、せめて「いただきます」という。それは何をいただくかというと、そのお命をいただくということです。今、日本は食べずに捨てられることがたくさんありますね。たいへん勿体ないことで、そういう勿体ない生活をしていると、またやがて日本は飢餓列島になってしまうんじゃないかと思います。ものが豊かなことはありがたいことなんですけれども、ものと同じように心の豊かさをレベルアップさせなければいけません。そのためには、感謝の心を大事にすることじゃないかと思います。
そういうことで、感謝の気持ちと申し訳なさと含めて食事をいただかなくては、本当にもったいないことです。

名物管長として知られた高田好胤管長

高田管長が管主になられ、薬師寺復興の活動を始められたのですが、当時わたしは執事長のお役目をいただいており、檀家を持たない薬師寺で再建費用を集めるにはどうすればいいかと。そこで写経による供養料として費用を集める提案をさせていただきました。高田管長はそれを全国に広められ、わたしは中のこと(受け入れる仕組み作り)をさせていただいておりました。師匠(元管主 橋本凝胤猊下)のもとで、共に弟子の時代はずっと同じ釜の飯をいただいておりました。 高田は師匠の1番上の兄弟子でしてね。色々と教えられることがありました。なかでも継続の力といいますか、執念を燃やして、本堂が復興するまでは一切の義理も欠くと。他の方の結婚だとかお葬式なんかも出なかったです。これをするならばあれを捨てよということで、復興のことだけを考えておられました。高田管長が亡くなる前に一番よく話をしたことは、お米を大事にすることと親を大事にすること、その2つでした。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ