トップ > 賢人の食と心 > 祝御遷宮 伊勢神宮一覧 > 【特別企画】 祝御遷宮 伊勢神宮(外宮編)

平成25年、62回目の「式年遷宮(しきねんせんぐう)」を迎える伊勢神宮。
式年遷宮とは、20年に一度、御社殿の隣にある敷地に新宮をお建てし、神々にお遷りを願う神宮最大のお祭りです。このお祭りでは、御社殿の建替えをはじめ御装束や神宝もすべて新調され、神宮は常に新しく保たれます。 式年遷宮の年、持統天皇4年(690年)から1300年以上も続くこのお祭りの意味に思いを馳せながら、早春の神宮をお参りしました。
今回は、外宮、神宮神田、内宮の全3回にわたってご紹介します。

「外宮(げくう)さん」「豊受(とようけ)さん」と呼ばれ親しまれている「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」は、三重県の伊勢市駅から徒歩5分ほどの位置にあります。御祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)。今から1500年ほど前、天照大御神(あまてらすおおみかみ)にお食事をたてまつる御饌都神(みけつかみ)として、丹波の国からこの地に迎えられ、御鎮座されたと伝えられています。食物と穀物を司る神様であり、衣食住、広くは産業の神様としても崇められています。

――日々、神々に奉仕をされている神宮の神職であり、神宮司庁広報室所属、神宮宮掌(くじょう)の尾崎友季様に外宮をご案内いただきながら、お話しを伺いました。

「神宮(じんぐう)」とは、「皇大神宮(こうたいじんぐう)=内宮(ないくう)」・「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)=外宮(げくう)」の2つの正宮と14の「別宮(べつぐう)」、更に「摂社(せっしゃ)」、「末社(まっしゃ)」、「所管社(しょかんしゃ)」を合わせた125社の総称です。お祭りのほとんどは両正宮でそれぞれ同じように行われ、大きなお祭りでは御正宮や別宮だけでなく全てのお社で行なわれます。古くから「外宮先祭(げくうせんさい)」という言葉があり、恒例のお祭りは外宮から行われるのが常となっております。御参りにつきましても、外宮からの参拝が慣わしとなっておりまして、天皇陛下をはじめとする皇族の方々も、まず外宮から御参拝されます。

豊受大御神様が「食の神様」といわれておりますのは、「太神宮諸雑事記(だいじんぐうしょぞうじき)」という古い書物に、天照大御神様から「豊受大御神を食事を司る神として丹波の国の方から山田原の地にお迎えして、毎日のお食事を奉る御殿を作るように。」という御神託があったと記されており、それによって、豊受大御神様が御鎮座されてから1500年間絶えることなく「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」というお祭りが外宮にて行われているところにあります。このお祭りでは外宮にある御饌殿(みけでん)にて毎日朝夕の2回、天照大御神様、豊受大御神様をはじめ、両正宮の相殿神、全ての別宮の神々にお食事を捧げております。

神様に捧げる食物のことを神饌(しんせん)といい、ご飯、塩、水、お酒、野菜、鰹節、鯛、海草、果物などをお供えしております。神宮ではそのほとんどを自給しており、お米は神宮神田(じんぐうしんでん)で、また野菜や果物は神宮御園(じんぐうみその)という畑で、他に御神酒や御塩、素焼きの土器も専用の場所で作っております。

20年に1度行われます式年遷宮では、両正宮と別宮の御社殿と関連施設を建て替えるために、約1万3千本のヒノキが使われます。そのヒノキを供給する森は「御杣山(みそまやま)」と呼ばれ、鎌倉時代までは内宮の南側に広がる宮域林(きゅういきりん)※1 で賄われていました。その後、幾度かの変遷を経て、江戸時代からは木曽のヒノキを調達しておりました。しかし、大正の終わり頃から宮域林での植樹をはじめまして、それが実を結び始め、今回の遷宮で使用するヒノキの4分の1は宮域林から調達することができました。遷宮で宮域林から切り出したヒノキが御造営用材となるのは約700年ぶりのことになります。

※1 宮域林…神宮は御正宮を中心とする境内一帯の神域と、その他の宮域林に大別されます。更に宮域林は、神域の周囲が第一宮域林、御造営用材となるヒノキが育てられている第二宮域林からなります。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ