トップ > 賢人の食と心 > 祝御遷宮 伊勢神宮一覧 > 【特別企画】 祝御遷宮 伊勢神宮(内宮編)

平成25年、62回目の「式年遷宮(しきねんせんぐう)」を迎える伊勢神宮。
式年遷宮とは、20年に一度、御社殿の隣にある敷地に新宮をお建てし、神々にお遷りを願う神宮最大のお祭りです。このお祭りでは、御社殿の建替えをはじめ御装束や神宝もすべて新調され、神宮は常に新しく保たれます。 式年遷宮の年、持統天皇4年(690年)から1300年以上も続くこのお祭りの意味に思いを馳せながら、早春の神宮をお参りしました。
全3回の最後は、内宮をご紹介いたします。

今から約2000年前、第十代崇神天皇(すじんてんのう)の御代まで、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は宮中に祀られていました。しかし、疫病の蔓延や戦乱によって、第11代垂仁天皇(すいにんてんのう)は、皇女である倭姫命(やまとひめのみこと)にお祀りを託し、倭姫命は更に良い宮地を求めて旅に出られます。諸国を巡り、伊勢の国の宇治に辿り着いた時、大御神のご神託によってこの地を宮地と定め、天照大御神は五十鈴川の川上に御鎮座されたと伝えられています。

――日々、神々に奉仕をされている神宮の神職であり、神宮司庁広報室所属、神宮宮掌(くじょう)の尾崎友季様に内宮をご案内いただきながら、お話しを伺いました。

神道には「常若(とこわか)」という言葉があります。この常若の思想が式年遷宮(しきねんせんぐう)の根底にあり、神様には常に瑞々しい御社殿で、御神意を発揮していただくことによって、国も人も、若々しく瑞々しい状態を保つことができるという考え方が、20年に一度の遷宮に繋がっております。

式年遷宮の祭事はその年だけではなく、今回の第62回は平成17年に行われた山口祭から始まっております。内宮(ないくう)に架かる現在の宇治橋(うじばし)は、平成21年11月に架け替えられました。内宮では年間600万人、20年間でほぼ日本の人口と同じほどの人々が渡って行かれますので、橋の表面が架け替える頃には数センチも磨り減っておるようです。橋の内と外にございます鳥居の柱は、前回の遷宮まで内宮外宮の御社殿に用いられた「棟持柱(むなもちばしら)」を、そのまま鳥居として使っており、内側は内宮社殿の柱、外側は外宮社殿の柱を使用しております。ですから、この大きな柱は御社殿を20年支え、宇治橋の鳥居となって20年、その後、外側の方は桑名の七里の渡し跡と、内側の方は関の追分(おいわけ)と言われています亀山市のあたりで、それぞれ伊勢の国への玄関口に立つ鳥居として、少なくとも60年のおつとめを果たすということになります。古い御社殿で使われておりましたその他の用材の多くも、神宮と由緒深いお宮さまの御社殿などに再利用されております。

内宮の神域内を通る五十鈴川のほとりに、御手洗場(みたらし)という場所がございます。ここは江戸時代、五代将軍「綱吉」公の生母「桂昌院(けいしょういん)」様が寄進したといわれております。この川は、別名「御裳濯川(みもすそがわ)」ともいいまして、天照大御神様のお告げによりこちらにお宮を建てられた、倭姫命(やまとひめのみこと)様が御裳(みも)の裾をこの川で濯がれたということでそう呼ばれております。その時代からの清き流れが、今に残っているということですね。

この辺りは非常に降水量が多いと言われている地域で、山に降った雨が非常にきれいな流れで、ミネラルや栄養分を蓄えて下流の地域へ流れていきます。神宮ではその水脈からの水を使い、神宮神田(じんぐうしんでん)でのお米の栽培や神宮御園(じんぐうみその)において果物や野菜を育てています。(神田については、前回の特集をごらんください。)また、最後にたどり着く伊勢湾の河口では、入浜式塩田にて塩を作っております。

山から流れて来た水が田畑を潤し作物を育て、ミネラルをたっぷり含んだ川の水が海に流れ込むことで、良い塩が採れ、魚介類が育ち、良い漁場となる。海に流れた水はまた蒸発して雲となり、山々に多くの雨をもたらします。このサイクルは、天照大御神様がこの伊勢の地に御鎮座することになってから、脈々と続いてきた非常に優れた循環型システムであります。その循環の中で頂いた恵みを神様に捧げ、また我々も頂くというシステムが古代から受け継がれてきたのです。ですから、五十鈴川は伊勢の神宮を象徴する流れになっていると言えます。
以前、中東のある国の方がこちらに来られた際、水が豊富にあり、木々が豊かに茂っているところをご覧になって、「我々が想像していた楽園天国とはまさしくこういう場所なのだ。」とおっしゃいました。五十鈴川の御手洗場は、神宮が言語・宗教・文化を超えた聖地であるということを来られた方々にご認識いただける場所の一つではないかと思います。

五十鈴川の傍には、この川の守り神である瀧祭神(たきまつりのかみ)が祀られております。所管社(※1 )ではありますが、こちらだけは別宮と同様の規模でお祭りを行いまして、お供え物も別宮と同じになっております。また、所管社は通常は権禰宜(ごんねぎ※2 )から以下の神主が奉仕をするのですが、禰宜(ねぎ)職が別宮と同じように奉仕するという非常に重要なお社になっております。 囲いの中を少し覗いていただくとわかるのですが、こちらには御社殿がなく、石積みがあるだけなのです。古代の磐座祭祀(いわくらさいし※3 )のかたちがそのまま現代にまで受け継がれております。 

※1 神宮は、2つの正宮と14の「別宮(べつぐう)」、更に「摂社(せっしゃ)」、「末社(まっしゃ)」、「所管社(しょかんしゃ)」を合わせて125社の総称。お祭りを行なうにあたって重要なお役目をされているお社を所管社としてお祀りしています。

※2 神宮では、大宮司(だいぐうじ)、少宮司(しょうぐうじ)、禰宜(ねぎ)、権禰宜(ごんねぎ)、宮掌(くじょう)という職階を置いています。

※3 磐座祭祀・・・日本で古くからあった祭祀形態。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ