トップ > 賢人の食と心 > 第9回(後編)

えべっさん 笑みを湛えた福の神 えびす顔には より福来る

兵庫県南東部、銘酒の産地として名高い灘五郷の一つを有する西宮市の中央に「西宮神社(にしのみやじんじゃ)」は鎮座しています。福の神として全国に広く崇敬されている「えびす大神(蛭児大神)」をお祀りする西宮神社は、全国に約3500社あるえびす神社の総本社。関西では「えべっさん」「えべっさま」と呼ばれ親しまれています。

後編は、西宮神社の宮司 吉井良昭様に境内をご案内頂きながら、西宮神社ならではのお祭りと境内の末社について伺いました。<前編はこちら>

御輿屋祭 (西宮神社提供)

後継ぎとして決められた道

西宮神社では、神様にお食事を捧げる毎朝夕のお祭りも含めて、年間800回を超えるお祭りを行なっています。

この内、西宮ならではのお祭りとしては、6月14日に「御輿屋祭(おこしやまつり)」があります。これは、表大門から東へ200メートルほど行ったところに御輿屋跡地という石碑の立っている場所があるのですが、その昔、えびす様が神戸の和田岬の海から漁師さんに連れられてこちら(西宮)へ来られる途中に、その場所で疲れて寝てしまわれたのです。えびす様がなかなか起きないことに困った漁師さんは、失礼とは思いながらえびす様の尻をひねって起こし、やっとこちらまでお連れしたというお話が伝えられています。

御輿屋跡地 (西宮神社提供)

そこで年に一度、6月14日にえびす様を御神輿にお移しし、その縁の深い御輿屋跡地までお連れするというお祭りをしています。 また、昔からそのお祭りの時から浴衣を着るという慣わしがあったので「ゆかた祭り」とも言われ、旬のビワ(枇杷)をお供えするので「びわ祭り」、お尻を捻ったことから「尻ひねり祭り」と、いろんな別名を持っています。それだけ親しまれているお祭りということですね。

渡御祭の様子 (西宮神社提供)

秋のお祭り

9月22日には、「例祭(れいさい)」という一番由緒のあるお祭りが行われます。21日の宵宮祭(よいみやまつり)と23日の渡御祭(とぎょさい)と併せて、「西宮まつり」として祭典を行なっています。渡御祭では、当社の御鎮座伝説に由来して、えびす様をお生まれになった海までお連れします。これを「産宮参り」といいます。戦国時代に神社の領地を失ったために、それ以降ずっと行われなかったのですが、昭和29年、みこし行列が市内を巡行する渡御祭(陸渡御)として再興されました。

そして、平成12年には西宮港内での海上渡御祭を、平成21年にはついに神戸の和田岬までえびす様をお連れする、古儀に則った形でのお祭りを行なうことが出来ました。これは、実に400年ぶりに行われた本来の渡御祭ということになります。

それから、11月20日には「誓文祭(せいもんまつり)」が行われます。ご商売をされている方が、1年の感謝を込めてお客様に還元をさせて頂く、これを誓文払い(せいもんばらい)といいます。同時に、床の間にお祀りしているえびす様に、鯛をお供えして「正直」を誓います。神社でもその日は1年間の感謝を込めてお祭りをするということですね。 この3つが西宮神社ならではのお祭りではないでしょうか。

西宮神社の十日えびすの様子

えびす様の信仰は、全国的に見ると西と東では随分違い、特に関西は1月の十日えびすが盛大に行われますが、関東の方では11月20日に「えびす講」という大きなお祭りが行われます。東のえびす様は、神社でお祀りされているというよりも各家でお祀りすることが多いようです。えびす様はお正月を過ぎた10日に家から旅立たれ、全国を回って福をかき集め、11月20日にまた戻って来られます。

慣わしとして、1月10日は粗末なものをお供えし、「えびす様、うちは貧乏ですからいっぱい福を持って帰って来てください。」とお願いします。そして11月20日、福を持ち帰られるえびす様に感謝の気持ちを込めて、今度は立派なものをお供えしてお迎えするということで、大きなお祭りを行なうようです。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ