トップ > 賢人の食と心 > 第11回「平常心是茶」茶の湯に宿る日本人の心(後編)

第11回(後編)

初代川上不白が表千家七世如心斎の内弟子となり、千家のお茶を広めるべく江戸に下ってから260年余り。不白が伝えた千家のお茶は全国へと広がり、日本の文化として浸透していきました。その江戸千家宗家は、現在東京都文京区に庵を構え、不白がもたらした茶の湯の技と心を日々多くの人々に伝え続けています。

今回は、江戸千家宗家蓮華菴副家元 川上紹雪様に、茶道への思いと茶道の役割をお聞きしました。
<前編はこちら>

川上紹雪様

1958年東京生まれ。
江戸千家宗家蓮華菴副家元。大学卒業後、京都大徳寺如意庵に入寺、立花大亀老師のもとに参籠。大亀老師から「紹雪」の安名を授かり、披露の茶会によって若宗匠の格式を得る。
一般財団法人江戸千家蓮華菴常務理事
東京茶道会理事
江戸千家不白会副会長

茶道人生の岐路となった稽古

私が初めてきちんとしたお稽古を集中的につけてもらったのは、恐らく高校三年生のときのことでしょう。

毎年11月に孤峰忌(こほうき)と言って、流祖である川上不白(ふはく)(孤峰は不白の号)を偲んで行なうお茶会があり、命日である10月4日のひと月後に開いています。茶道では5月から10月は炉が塞がれ、いわば夏のお点前になりますが、11月になると再び炉が開かれ冬のお点前になります。また、春に摘んだ今年の新茶の葉を半年間保存し、その茶壺の口を切って使い始めるのがこの時期なので、11月は茶道にとってはお正月のようにおめでたい月なのです。そんな大切なときに流祖を偲び、お茶会を開くことで改めて流祖の思いを心するのです。

その孤峰忌では、七事式のうちの一二三(真台子(しんのだいす)という正式な点て方で御濃茶のお点前をして、客がそのお点前に対して点数を出していく。)という式法をする慣わしがあります。その時のお点前は若い社中の方がなさって、それに対して先生方が客につくという慣わしがあるのですが、この年は江戸千家会館が出来て最初の孤峰忌でしたから、一二三のお点前を私がするよう言われたのです。でも、それも強制ではないのですね。高校三年生といえば一応大学受検を控えていましたから、勉強が大変だったらやらなくても良いと。でも、やってくれたら助かるし、嬉しいと言われたのです。それで、仮に浪人をしても言い訳が立ちますので、やりましょうと(笑)。

それから、昼間は学校に行って、帰ってから勉強をして、社中の皆さんのお稽古が終わる夜10時11時ころから深夜まで自分のお稽古をつけてもらって、3・4時間寝てまた学校へ行くという生活をしばらくしました。それが、きちんとしたお稽古を集中的にした最初であったかと思います。

大学卒業後、大徳寺へ

大学を出たあと、京都大徳寺(だいとくじ)の如意庵(にょいあん)に参籠させていただきました。そこは、立花大亀(たちばなだいき)老師という茶道の世界では大変高名な禅僧の方が庵主でいらっしゃいました。

私はそこで雲水さんとしての修行をしたわけではありませんが、朝の読経や作務(さむ)といった勤行をしつつ、老師がお出かけのときにはそのお供をして、老師のお傍に仕える毎日でした。参籠の前に覚悟を決めて、老師に剃髪しますと申し出たときも、「そこまでせんでええ。」と笑われて何だか拍子抜けしました。すぐに逃げ帰ると思われていたのかも知れませんね(笑)。

でも、このお寺にいた期間というのはとても重要で、たとえば真夏の暑い日に草むしりをしながら、自分は何のためにこれをしているのか、本当にしたいことは何かということを自問し続けました。こうして自分と向き合う時間がたくさんあったことによって、一生掛けてお茶の道で精進することを決心するに至ったのだと思います。

今思えば、自分の生まれた意味や自分の進むべき道を考えることが、老師から与えられた時間の意味だったのでしょう。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ