トップ > 食育訪問 >料理旅館 石

松葉ガニを心ゆくまで味わえる、夕日ヶ浦の老舗旅館

松葉ガニで有名な京丹後市網野町。近代的な旅館が建ち並ぶ温泉街を抜け、夕陽の美しさで有名な夕日ヶ浦海岸のすぐそばに、料理旅館 海のしずく こやど"石"はあります。
旬のお料理と天然温泉のお宿で30年以上の歴史を持つ石さん。明るい笑顔の女将さんに迎えられ、アットホームな雰囲気で季節ごとのお料理が楽しめます。美味しいお料理だけでなく、きめ細やかな気配りと楽しいお話。そんな女将さんのおもてなしも、通が何度となく通う人気のお宿"石"の魅力です。

カニフルコースは、ボリューム満点。

カニにまつわるお話。

地元では「コッペ」と呼ばれるズワイガニのメス(他の地域では「セコガニ」「セイコガニ」等とも呼ばれています)。
「昔はおやつや晩ご飯のおかずとして食べていたんですよ。」と、カニはもちろん、地元丹後の歴史や文化に精通した女将さん。
「海に親しむことが少なくなった今の子ども達に目の前に広がる海をもっと知ってほしい」と、夕日ヶ浦の砂浜で集めた貝殻のコレクションを展示したり、カニの生態からカニ漁の話しなどカニにまつわるお話しを「かに物語り」に、夕日ヶ浦の生き物や自然のお話を「海のないしょの物語り」としてまとめ、お客様に提供されたり、ホームページで公開されています。
公式サイト内の「かに物語り」のページ 石物語

ズワイガニの保護。

京都府のズワイガニ漁は、水揚げできる時期や大きさ、数量など、厳しい取り決めがありますが、漁獲量は一時には最盛期の10分の1以下にまで減ってしまいました。そのため、コンクリートブロックを沈めた保護区を設置するなどの保護に力をいれています。その成果もあってか、近年ではズワイガニの漁獲量も少しずつ回復しつつあるようです。
(京都府農林水産技術センター海洋センター ホームページより抜粋)

ゆでガニとも焼きガニとも違う食感をたのしめるカニしゃぶ。

カニしゃぶに自画自賛。

35年前に旅館を始め、3年目にはカニのフルコースをはじめたそうです。「そのころは、カニ料理といっても、お飾り程度に1杯(1匹分)食べられたら良い方。という感じでした。」
その2年後には当時、ほかではほとんど知られていなかったカニしゃぶを始められたそうです。「思いついたときには、『なんて美味しい料理なんだ』って自画自賛しました(笑)」その場で殻を剥いて湯にとおされたカニの身は、ふっくらと膨らみふわっとした食感と甘みの増した味は納得の美味しさです。

ズワイガニのブランド

漁港ごとにズワイガニをブランド化しているところがあります。「松葉ガニ」(島根県・鳥取県・兵庫県・京都府)、「越前ガニ」(福井県)、「間人(たいざ)ガニ」(京都府丹後市間人港)、「津居山(ついやま)ガニ」(兵庫県豊岡市津居山の津居山港)、「加能ガニ」(石川県)などが有名ですね。
★食育まめ知識:松葉ガニに越前ガニ、カニの違い?

心のこもったおもてなし。

石さんでは焼きガニやカニしゃぶは、お客様の好みあわせてその場で料理して提供されています。カニ刺しもその場で殻を剥いてから出して下さるので、瑞々しい状態をいただくことができます。
ユーモアにとんだ女将さんのお話は、地元ならではエピソードや地元の歴史など多岐にわたり、驚いたり大笑いしたり。とてもリラックスした雰囲気で心もお腹も満たされるお宿です。

カニコースより

焼きガニ

半焼きがおすすめという焼きガニ。カニの風味と甘みが増して、何もつけずにいただきました。

カニの天ぷら

カラッと揚がったころもと、ふわりとしたカニの食感がたまらない逸品。風味が増して、一度食べたら絶対忘れられない味です。石のすり鉢で細かく砕いた岩塩でいただきます。

甲羅ミソ

甲羅には濃厚な味噌がたっぷり。甲羅がそのまま器になってカニ味噌の風味がお口いっぱいに広がります。
★食育まめ知識:
カニ味噌のミソって何のこと?

玄米アイス

弥栄町の「ガラシャ米」を使った玄米アイス。金沢から取り寄せられた「味噌煎餅」が添えられ相性もバツグン。

DATA:

店舗情報 夕日ヶ浦温泉 海のしずく こやど 石

京都府竹野郡網野町浜詰

TEL 0772-74-0046 FAX 0772-74-1004

URL http://www.yuuhigaura-ishi.jp

(2012年12月.現在)

 

今年もカニ漁が解禁となりました。冬の味覚、松葉ガニを様々な料理方法でお召し上がり頂けます。お客様との出会いが何より嬉しく、またこの季節になると20年、30年と、毎年来てくださるお客様もいらっしゃるので、お越しくださるたびに色んなお話をさせて頂いています。
お肌にとても良く「美人湯」とも称される夕日ヶ浦の天然温泉100%、かけ流しの温泉と当宿自慢のカニフルコースをゆっくりお楽しみ下さい。お待ちしております 。

【取材レポート】
取材の前に夕日ヶ浦の海岸を堪能した取材班。日本の夕日百選にも選ばれた海岸から眺める日本海は、まさに絶景でした。冬の日本海の波を楽しむサーファーや、海岸を散歩する人。思い思いに楽しむ姿を見ているだけもとても癒されました。
日帰り旅行もさることながら、ゆっくりお泊りで楽しみたい場所です。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ