トップ > 今月のおすすめ > ブルーベリー

メインタイトル

活性酸素と老化の関係?

活性酸素は、呼吸によって取り入れられた酸素の一部や、ストレス、紫外線、喫煙などによっても発生すると言われており、「老化」と体の「酸化」は同じと言われるほど、老化現象と密接な関係にあるそうです。もともと活性酸素は殺菌力が強く、体内では新入してきたウイルスや細菌を退治するという大切な役割があるのですが、必要以上に増えてしまうと健康な細胞まで傷付けてしまいます。攻撃を受けた細胞は老朽化していき、変異したり死滅したりすることもあります。これが、皮膚のシワやしみソバカス、生活習慣病などの原因とも言われています。
活性酸素を除去するには、抗酸化作用のあるβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ファイトケミカルを含む食品がおすすめです。特にファイトケミカルの中でも、ポリフェノールやカロテノイドには抗酸化成分が多く含まれていると言われており、ポリフェノール含有量の多い食品として、赤ワインやチョコレート、カシス、ブルーベリー、黒オリーブ、クルミなどがあります。また、カロテノイド含有量の多い食品として、ケールやほうれん草、にんじん、カボチャ、マンゴー、パパイヤなどがあります。

ふわふわしっとりおやつレシピ

おふレンチトースト |作り方

  1. 麩はたっぷりの水につけて、戻す。戻ったら、上から平らに押さえて水気を切り、キッチンペーパーで余分な水分を吸い取っておく。
  2. ボウルに卵を溶き、牛乳、練乳、塩を合わせて、(1)を入れ、しっかり絡ませておく。
  3. オレンジは皮をむいて実を取り出し、食べやすい大きさにほぐし、耐熱容器に入れる。ブルーベリーも別の耐熱容器に入れておく。
  4. 4.フライパンを温めて薄く油をひき、(2)を一つずつくっつかないよう間隔をあけて並べ、中~弱火で両面色よく焼く。
  5. (3)にそれぞれラップをして、電子レンジで各1分ずつ加熱する。
  6. 4つの器に、(4)を6個ずつと、(3)の1/4量ずつを中高く盛りつけて出来上がり。
    ※果物はお好みのものでも。またジャムや蜂蜜などをかけてもおいしいです。
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ