トップ > 食育特集 > 現代の家庭環境と食の問題

現代の家庭環境と食の問題

永池 榮吉 (ながいけ えいきち)

80年7月、21世紀における生涯学習社会の到来を予見し、スクールの語源(ギリシャ語)の<スコーレ>にちなんで『国際スコーレ協会』を設立。99年8月法人格を取得し、『社団法人スコーレ家庭教育振興協会』会長に就任。2005年、教育学博士。文部科学省主催「全国生涯学習フェスティバル(まなびピア)」に第1回から講師として参加するほか、2009年NHK「ラジオあさいちばん」、NHKテレビ「視点・論点」に出演、2012年産経新聞「金曜討論」にインタビュー掲載など多方面で活躍中。(公財)日本ユニセフ協会顧問・日本家庭教育学会顧問・国語問題協議会評議員ほか。著書に『こころの添木』『人生の難問を解決する魔法の言葉』『生き方の基本』『生きる強さを育てる家庭の底力』など多数。

家庭環境の重要性

私がこの協会を立ち上げたのは32年前で、その年に神奈川県で「金属バット殺人事件」が起こりました。当時の日本に大変な衝撃を与えた事件です。それ以前からも感じていたことですが、私はこのままではこの社会の根っこが腐っていくのではないかと、その時に改めて危機感を覚えました。「家庭」は、政治、経済、社会、文化、その国のあらゆるものの根底にあるものです。ですから、これを何とかしなくてはいけないと強く思い、私の考えに賛同して下さる方々の協力を得て、家庭における人間教育を考えるこの協会をはじめました。 今から3000年前の古代ギリシャでは、午後3時頃には仕事を終え、余暇の時間を知的なことを考えたり議論したりすることに費やしていました。有意義に知的に時間を使う。これを古代ギリシャではスコーレと言い、それがローマ時代にスコラになり、今のスクール(学校)となっていきました。我々としては、これからは生涯学習の時代になることを予見し、この協会名にスコーレを冠とすることにしたのです。

我々は、親と子の悩み、夫婦の問題などといった現実に立ち合っていかなくてはなりません。世の中には父親と母親の役割の垣根を無くそうという考え方もありますが、現実には父親、母親の役割は同じではありません。ですから、根本を知るため、人類学の分野から様々調べてみることにしました。すると、人類が動物から人間に進化するプロセスにおいて、動物の段階までは母親と子供だけでグループが構成されていたわけです。そこに男が加わり、食料を調達したり家族を守ったりというような役割を果たしながら共同生活が成り立ってきたようです。やがてそれが父親となり家族を生み出し、家族感情が元になって人間性が生まれたわけです。日本の歴史において、家族道徳というものは儒教を中心とした考え方がありますが、私はそういうものも超えた人間社会の成り立ちから家庭の仕組みを考えようとしたのです。

人、家族の仕組み

私は日頃から、人間は「呼吸、習慣、食事、知恵の力」によって生きている、と言っています。呼吸はあまり注目されていませんが、心を安定させるには深い呼吸を心掛けると安定してきます。腹を立てると呼吸が浅くなりますね。だから深呼吸しなさいとよく言いますが、我々の教育の中にも呼吸法に基づいたトレーニングを取り入れています。次に、習慣。人間は無数の習慣がその人の性格を作っていきますから、学んだことを実践して習慣化していくということ、これが我々の基本的な学習のスタイルになっています。また、食事については、例えば化学的な食品(添加物等)が多いことが問題になっていますね。確かに寿命は延びていますが、健康で長寿なのかと言えば必ずしもそうではない。特に「子供の食」が大きな問題です。我々はそういう健康面での食育と同時に、食が持つ家族の絆の問題に取り組んでいます。それから、知恵の元にあるのは、釈尊や孔子、イエス・キリスト、またはソクラテスなどが説いたこと。それを人類の英知と考えて、今の時代に即して編集し、生活の基本原則、人間として生きる基本原則を身に付ける。それは何も難しいことではなく、家庭の中で挨拶をするとか、マナーを守るといった簡単なことで良いのです。我々が常日頃から言っていることですが、実践的に足元から行なっていくこと、これがその知恵の元になるわけです。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ