トップ > 食育特集 > File.01

特集メインタイトル

通貨処理機のパイオニアとして、国内外での活躍が目覚ましい「グローリー株式会社」。 社員の健康管理と社員食堂の渋滞緩和を目的として開発されたオリジナルの社員食堂システムについてお話を伺いました。

グローリー株式会社

創業 1918年
本社 兵庫県姫路市下手野1-3-1
従業員数 3,349名(2014年3月末時点)
1918年、電球の製造装置を修理する工場(国栄機械製作所)として事業をスタート。1950年に国産初の硬貨計数機を開発し、大蔵省造幣局へ納めたことをきっかけに、通貨処理事業への取り組みを開始。その後、硬貨計算機や硬貨自動包装機、千円紙幣両替機などの国産1号製品を誕生させ、通貨処理機のパイオニアとして地位を確立する。また、たばこなどの自動販売機を日本初の製品化に成功させたことでも知られている。現在は世界100か国以上で同社製品が活躍中。銀行のオープン出納システム、窓口用入出金機、スーパーなどで利用されているレジつり銭機などは、国内で7割以上のシェアを誇る(※同社調べ)。

ランチタイムを支える自社システム

チャイムが鳴ると社員が続々と集まり始める

広大な敷地に鳴り響くチャイムの音。11時30分、今日もグローリーのにぎやかなランチタイムが始まります。おなかを空かせた社員たちが、やや小走り気味にウキウキと向かう先は、まるで体育館のように広い社員食堂。

トレーを手にすると、今日はどれにしようかと小鉢を前に迷っている人がいたり、一目散にざるそばを取りにいく人がいたり。人気のライスバラエティコーナーにはいつの間にか行列が。ほんの少し前まで静かだった食堂内は活気でいっぱい。用意された450人分のイスとテーブルが、あれよあれよという間に埋まっていきます。

食欲をそそるおいしい香りと笑顔が広がる社員食堂

ランチタイムは部門ごとに45分で区切られた3シフト制。1シフト目は管理部門、2シフト目は製造部門、3シフト目は開発部門が利用し、食堂がクローズする14時までにぎわいが続きます。

1日にだいたい1,100人前後が利用するという大バコ社員食堂。限られた昼食時間を有意義に使えるよう押し寄せる人波をスムーズ化し、また社員食堂を利用することで社員一人一人の健康意識を向上させていくことを目的として、2008年食堂設備のリニューアルに併せ導入されたシステムがあります。

それが、自社で開発した社員食堂向けオートレジスター「PSAシリーズ」です。

社員の健康意識改革に一役

グローリーが開発した社員食堂向けオートレジスター

「以前の社員食堂は厨房設備が老朽化し、そろそろ改築しないといけないという話が出ていました。社員食堂システムは弊社の事業展開の一つだったので、新しく社員食堂を建て替えるのをきっかけに、製品を置いてライブショールームとしても活用していこうということになったんです。そのときに導入したのが、PSA シリーズ。

これは、トレーをオートレジスターに置くだけで代金が自動で精算され、IDカードや電子マネーなどで決済ができるシステムです。社員数の多い会社の社員食堂は会計時に渋滞するのが常。それを解消するためにPSAシリーズは生まれました。また、ディスプレイ画面には精算額と一緒に食べたものの栄養素情報を表示することができ、これがPSAシリーズの大きな特長と言えます」。そう話すのは、人事部の上山友佳子さん。

新しい社員食堂が完成する2008年は、ちょうどメタボリック検診が始まった年でもありました。世の中の食への視線が「ヘルシー」や「健康志向」に向けられるなか、同社でも、社員一人一人の健やかな体づくりを目指した取り組みは課題の一つ。社員食堂の利用が少しでも健康意識の向上にもつながればと、期待を込めてPSAシリーズの運用を始めることとなりました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ