トップ > 食育特集 > File.03(1)

特集メインタイトル

スポーツ選手にとって食べることはトレーニングの一環。納得のいく結果を残すためには、毎日の食事でどれだけ効率良くパワーを養えるかがカギとなってきます。今回は、選手たちの傍らで健康を支える「スポーツ栄養士」に注目しました。

スポーツ栄養士 坂元 美子さん

神戸女子大学管理栄養士養成課程を卒業後、1995年にオリックスブルーウェーブ球団専属管理栄養士に就任。甲南大学アメリカンフットボール部、LリーグチームINAC神戸レオネッサ、Vリーグチームサントリーサンバーズ、京都橘高校サッカー部など、プロ・アマ問わず数多くのアスリートたちを食事の面からサポート。現在は心身と能力の成長期にある小・中・高生のスポーツ選手たちを中心に栄養指導を行っている。また、神戸女子大学健康福祉学部健康スポーツ栄養学科で准教授を務め、自身が立ち上げたNPO法人日本スポーツコーチ&トレーナー協会では理事として後進の指導に当たる。

自ら切り開いたスポーツ栄養士という道

スポーツ栄養士とは、スポーツ選手へ食事指導を行い、健康管理を担うプロフェッショナル。アスリートを支える裏方職業の中でも、比較的最近スポットを浴びるようになったポジションで、その職に就くのは狭き門と言われています。

坂元美子さんはそんなスポーツ栄養士の草分け的存在。栄養面とスポーツの関係性が今ほど注目されていなかったころから独学で学びを深め、さまざまな現場で経験を積みながらスポーツ栄養士という立場を確立してきました。現在も第一線で選手たちをサポートしながら、神戸女子大学健康福祉学部健康スポーツ栄養学科の准教授として教鞭を執る坂元さんは、学生たちの憧れの的。でも当の本人はというと「実はスポーツ栄養士は、なりたくてなった職業ではなかったんです」と苦笑いします。

大学卒業後は、給食の献立立案に携わる学校の栄養士を希望していた坂元さん。しかし思うようにはいかず、同級生の誘いで兵庫医科大学に就職。研究室で難病の患者さんの血液成分を調べたりデータ集めをしたりしながら充実した毎日を送り、栄養学の分野からはしばらく遠ざかっていました。そんなある日、転機が訪れます。

気軽に始めたプロ野球選手への指導

「たまたま病院に検査に来ていたオリックスブルーウェーブの選手のトレーナーさんと話す機会があって。ダイエットしなきゃいけないピッチャーがいるんだけれど、オフ期間の食事メニューを考えてもらないかと相談されました。さっそく1週間分の献立を組んで送ってみたところ評判が良く、次のシーズンからシーズン中の選手の体調管理の相談に乗ってほしいとオファーが来たんです」。

栄養学は学生時代に学んだものの、スポーツ選手へのアプローチは素人同然。一抹の不安を抱えながらも「ボランティアでお願いしたい」という一言に肩の力が抜け、腕試しのつもりでチャレンジすることに。このころはまだ、どの球団にも専属栄養士がいない時代。相談できる先輩や同僚もなく、毎日が手探り状態でした。「スポーツ選手が必要な栄養素といえばタンパク質かな」くらいの一般知識レベルでスタートし、熱心に勉強を進めた坂元さん。すると、自分なりの考えを導き出せるようになりました。「スポーツ選手が普通の人より多く摂るべきタンパク質をどのように摂取すればいいのか。臨床の栄養学をもとに調べていくと、肝臓病の寛解期の食事と似ていることに気が付き、献立の参考にしたりもしました」。

真摯に向き合う姿勢が少しずつ実を結んで、3年契約で正式に球団職員として迎えられることになります。「契約期間内で選手の意識レベルを高め、成果を残してくれというのが球団側からのオーダーでした。結果重視というところがプロ野球球団っぽいですよね(笑)」。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ