トップ > 食育特集 > File.07(1)

特集メインタイトル

寒さが一段と深まり、日本酒のおいしい季節になりました。銘酒どころとして知られる兵庫県では、作り手たちが手塩にかけた新酒が続々と出荷の時を迎えています。兵庫県立上郡高等学校では、酒米づくりから醸造作業までを高校生が行う、全国的にも珍しい取り組みに力を注いでいます。

兵庫県立上郡(かみごおり)高等学校

兵庫県赤穂郡上郡町大持207-1 0791-52-0069
山と川に囲まれた自然豊かな地、兵庫県の西端赤穂郡上郡町の中心部にある総合制高校。普通科と農業関係3学科からなる。2012年度より文部科学省の研究開発学校の指定を受けて、社会人基礎力育成カリキュラム開発事業を導入。道徳教育やキャリア教育、今日的な課題に対応した教育 (消費者教育、環境教育等)を柱に、自立と共生の能力を兼ね備えた社会人の基礎を培う。

奥藤(おくとう)商事

兵庫県赤穂市坂越1419-1 0791-48-8005
400年以上の歴史を誇る、赤穂市で唯一の日本酒蔵元。
かつては赤穂藩主浅野家の御用酒屋として栄え、いにしえの香り漂う坂越(さこし)地区に今も風情ある佇まいを残す。酒づくりには播磨の酒米を使い、先人から大事にしてきた手法を継承。代表銘柄「忠臣蔵」は飲みごたえがあり、地元特産品の濃厚なカキとも合う。

農業実習に取り入れた酒米づくり

田畑が広がり豊かな自然が残る上郡町。穏やかな千種川の流れにも癒されます。

赤穂浪士で有名な兵庫県赤穂市の北側に位置する上郡町。名水百選にも選ばれた清流千種川が流れ、里山が広がるのどかな地域です。その豊かな自然に抱かれるように建つ兵庫県立上郡高等学校は、農業科のある総合制高校。農業科の生徒たちは普通教科の学習に加えて、2年生から作物の栽培や家畜の飼育なども経験し、学びを深めています。

同校の生徒たちが農業実習での課題研究として、3年前から取り組み始めたのが酒米づくり。自校が借り受けている田んぼで酒造好適米「兵庫夢錦」の栽培を行っています。兵庫県で栽培される酒造好適米といえば山田錦が有名ですが、同校では西播地域の気候や土壌の特徴から山田錦より育てやすい兵庫夢錦に着目。

「山田錦は草丈が非常に長くて倒れやすいのが弱点ですが、兵庫夢錦は山田錦ほど伸びる米ではないので、大きな台風が来なければ栽培しやすいという利点があります。ならば兵庫夢錦のほうがつくりやすいだろうとこちらの品種に決めました」と話すのは、酒米づくりの指導を行う栗山勝美先生です。

手探り状態でのスタート

田植え機に乗る女子生徒。先生の指導を受けながら大きな機械を勇ましく操ります。

課題研究の主題は、兵庫夢錦が上郡の地で、どのような気候のもと、どう栽培すると伸びやかに育ち、安定した収量が得られるかということ。中心となって研究を進めるのは、2年生のときにインターンシップ(職業体験)で酒づくりを勉強してきた3年生の生徒たちです。播種、育苗、田植え、草刈り、稲刈りなど、稲の成長過程における作業全般に関わっています。

授業では耕運機や田植え機、草刈機といった一般的な農機具の扱い方も習得。女子生徒も大きな機械を操り、手際良く作業を進めます。実は栗山先生も3年前までは酒米づくりの初心者でした。「これを企画したのは前任の先生で、その先生が異動されることになってバトンタッチしたのが私でした。酒米は契約栽培になるため、地元赤穂の日本酒蔵元である奥藤商事さんにその先生が話を持って行き、すでに企画に賛同してもらえることは決まっていたのですが、初年度は右も左もわからない中での作付け。本当に大丈夫かと心配になることもありましたよ」と、手探りで始めた当時を懐かしく振り返ります。時にはJAで専門家たちに教えを乞いながら、生徒と共に知識を磨いていった栗山先生。ようやく酒米づくりがわかり始めたと自信をのぞかせます。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ