トップ > 食育特集 > File.10(1)

特集メインタイトル

奈良県の生駒市高山は、全国唯一の茶筌の里。500年余り続く伝統工芸の技を現代へ受け継ぎ、未来へと引き継ぐために、職人たちが日々研鑽を重ねています。

奈良県高山茶筌生産協同組合

奈良県生駒市高山町 0743-71-3808
http://takayamachasenkumiai.com
高山茶筌の伝統を守り、次世代への継承を目的として設立された組合。
昭和50年に高山茶筌が通商産業省の伝統工芸品の指定を受ける。現在は伝統工芸士による若手後継者への技術指導、小学生・中学生の伝統的工芸品体験や実演による教育事業のほか、高山茶筌の名を広めるためのPR事業にも積極的に取り組んでいる。

◆まめ知識:茶せんは「茶筌」「茶筅」どっち?

茶せんの字は「茶筅」が一般的ですが、高山では「茶筌」の字を使っています。もちろんどちらも「ちゃせん」と読むことに間違いはありませんが、筅は「ささら」とも読みます。これは洗い物をするときに使う竹製の簡素な道具を指し、職人が丹精込めて作り上げた高山茶筌のイメージとはかけ離れたもの。高山茶筌はあくまでも茶道具です。職人たちが熟練の技を集結させて生み出す「作品」としての意味合いを高めるために、あえて「筌」の字が使われているのです。

約500年変わらぬ製法を継承

谷村さんは、寒干し後の淡竹を茅葺き屋根の中で貯蔵。適度な湿度を保ち風が通る環境が素材を育てるのに適しているそう。

奈良県生駒市の北端に位置する高山町。豊かな自然が広がる静かな谷合の地は、約500年もの歴史を持つ伝統工芸品「高山茶筌(たかやまちゃせん)」の産地として知られています。茶筌とは抹茶を点てるときに欠かせない茶道具の一つ。その原型は、室町時代にまでさかのぼります。

鷹山城主の次男である鷹山民部丞宗砌(たかやまみんぶのしょうそうせつ)は、茶道の考案者である村田珠光(むらたじゅこう)と親交がありました。あるとき宗砌は珠光からの依頼を受けて、抹茶を撹拌するための道具を作ることに。日々試行錯誤を繰り返し、ようやく出来上がったのもが茶筌の始まりと伝えられています。その後茶道は千利休によって確立され、その隆盛とともに茶筌の需要も高まっていきました。

室町時代より一つ一つ職人による手仕事で生み出されてきた高山茶筌。その技法は秘伝とされ、高山の地で一子相伝により脈々と受け継がれてきました。昭和50年前後、茶道は全盛期を迎え、茶筌業者は45軒にまで拡大。しかし、ピーク以降は茶道人口が年々低下し、茶筌業者数も19軒にまで減少しています。それでも高山では年間30万本ほどを生産し、国内生産シェア90%以上を誇っています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ