トップ > 食育特集 > File.11(1)

特集メインタイトル

日本一の梅の里として知られる和歌山県みなべ町。香りが高くふくよかで艶やかな実は、みなべの梅ならでは。産地はまもなく1年で最も忙しい収穫期を迎えます。

梅の月向農園 (げっこうのうえん)

和歌山県日高郡みなべ町晩稲1160 月向山 0739-74-2453
http://www.minabe.net/
和歌山県南部に位置するみなべ町で、約100年続く梅農家。太平洋を一望する小高い丘の上にある梅園では、約700本の梅の樹を育てている。敷地内には梅蔵や作業所に加え醸造所もあり、栽培から加工、販売まで一貫した梅作りを行う。「テラスPlumoon」は、農園で作られた梅酒や梅シロップをテイスティングできるスペース。農園を訪れるゲストのために開放され、大きなガラス窓の外に広がる絶景を眺めながら贅沢なひとときを味わうことができる。

春、まだ静かな梅の里へ

傾斜地を緩やかに造成した月向農園の梅畑。見渡す限り梅の樹が広がっています。

「一目百万、香り十里」と称される日本一の梅どころ、和歌山県みなべ町。海岸まで続く山々は見渡す限り梅の樹が連なり、その美しさは見るものを魅了します。この地で約100年に渡り、梅を作り続ける「月向農園」を訪ねました。

急勾配の細い坂道を車でグングン登った先にある月向農園。標高約100mの月向山の尾根には、2.7ヘクタールの梅園が広がっています。約700本の梅樹を、毎日汗を流しながら手入れするのは園主の月向雅彦さん。健康に良い梅を育てるのは私の使命と、先祖代々受け継いだ土地を大切に守り続けています。

取材におじゃましたのは、まだ冬の気配が残る3月中旬。みなべにはひと足早く春が訪れ、見ごろを終えた梅の樹は赤いガクだけになっていました。「満開のシーズンを迎える2月中旬ごろは、山一面がじゅうたんを敷いたようにまっ白になるんですよ。それが海岸までずっと続いていてとっても美しい。まだ寒い時期なのになんでこんなにきれいな花が咲くのかなって、毎年不思議に思います」と月向さん。早春の園内は月向さんいわく「わびさびのある花の香り」に包まれ、季節の移ろいを告げてくれるのだそう。花が散ると梅作りは本格的なシーズンへ突入。農園は収穫期に向けて徐々に忙しさを増していきます。

地の利を生かした栽培方法

花びらが散り、赤いガクだけになった梅。これからぷっくりと実を膨らませていきます。

昔から痩せ地だったみなべ町は、作物を栽培するのに適した土地とは言えませんでした。ところが、その痩せ地を好んだのが梅。水はけが良く日照時間が長いという気候風土も、良質な梅を育てるのには最適でした。また、このあたり特有の瓜溪石(うりだにいし)を含んだ土壌も梅の健やかな成長を後押ししてくれています。瓜溪石は炭酸カルシウムから成り、成長期に土からたくさんの栄養を得た梅の実はふくよか。適度なミネラル分をもつ潮風も伸びやかな生育を助けてくれます。

こうした地の利を生かしながら、作り手たちは上質な梅を育てるために努力を惜しみません。「毎年の梅の品質を決めるのは、9割がた5月と6月上旬の雨量と日射量。梅の実は4月からどんどんと大きく膨らみ始め、5月に一番成長します。雨量が多すぎる年は実の締りが悪く病気にもなりやすい。雨が多いと予想される年は、天候とにらめっこしながら肥料の量を変えたりします」。

月向農園では、土や樹に負担がかからないよう、肥料は良質なものを少しずつ与えるのがポリシー。剪定した枝は1年間自然乾燥させ、細かくして土に戻すことで栄養分としています。さらに、乾燥気味な同園では梅が病気になりにくいのもメリット。農薬の散布量は必要最低限に抑えています。梅は、桃やぶどうなどのデリケートな作物とは違って、基本的には肥料や農薬がそれほど必要ではありません。月向さんは、梅がどのように栽培されているかをお客さんたちに正しく知ってもらうため、同園で1年間に使う肥料と農薬の種類や量をホームページ上でオープンにしています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ