トップ > 食育特集 > File.12(1)

特集メインタイトル

幼児期からの食育の大切さを長年提唱し続ける坂本廣子さん。NHK教育テレビ『ひとりでできるもん!』の指導や五感を使った子どものための料理教室『キッズキッチン』など、エポックメーキングな仕事の陰には「食を通して子どもたちに生きる力を身に着けてほしい」という坂本さんの堅い信念がありました。

食育・料理研究家 坂本 廣子さん

サカモトキッチンスタジオ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/skskobe/

農林水産技術会議委員、相愛大学客員教授、神戸女子短期大学非常勤講師、キッズキッチン協会会長、近畿米粉食品推進協議会会長、伝統食品研究会理事、テンペ研究会理事。30代のときに新聞のレシピ連載『忙し母さんの手抜き料理』を2年間担当し、多くの女性たちから人気を集める。生まれ育った神戸を拠点に、食生活に関する講座や雑誌、新聞のコラム執筆等活動の幅を広げ、1991年から始まったNHK教育テレビの子ども向け料理番組『ひとりでできるもん!』を指導。現在は、社会問題を食から解決することをテーマに置き、TVや雑誌、新聞などのメディアをはじめ、商品開発や企画・講演、大学での指導など多方面で活躍中。著書は100冊を超える。

時代に新風を起こした番組

1991年にNHK教育テレビで始まった『ひとりでできるもん!』は、幼稚園児から小学校低学年の子どものための料理番組。放送開始当時は舞ちゃんという小さな女の子がメインを務め、ゲーム機から飛び出した料理名人のアニメキャラクター・クッキングにサポートされながら、毎回さまざまな料理を作るという内容でした。

夕方に放送されるわずか15分のプログラムながら、子どもが大人の手を借りず手際よく調理を進める姿と登場キャラクターのかわいらしさが反響を呼び、中高校生や若いお母さんたちまで、幅広い世代から支持されるようになります。やがて視聴率10%台を達成するほどの人気番組へと成長。時代の流れや視聴者のニーズによって内容を変えながら2006年まで放送され、15年間に渡り愛される長寿番組となりました。

『ひとりでできるもん!』が始まるまで、子どもが1人で包丁を握ったり、火を使い調理をすることは危険だとタブー視されていました。しかし、料理の創造性が子どもの教育に役立つと考えた番組スタッフたちは、あえてタブーを破ることに挑戦。そのスタッフの1人として活躍し、番組づくりの立役者となったのが料理研究家の坂本廣子さんです。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ