トップ > 食育特集 > File.13(1)

特集メインタイトル

太陽が照りつける夏本番。うだるような暑さに耐えかねて、体は自然と涼やかなものを求めます。そんなとき、つるりとしたのど越しの良い葛餅や葛きりは一服の清涼剤。その材料となる葛を昔ながらの製法でつくる黒川本家を訪ね、奈良県へ向かいました。

吉野葛本舗 黒川本家

奈良県生駒市高山町 0743-71-3808
http://yoshinokuzu.com
元和(げんな)元年 (1615年)に創業し、400年続く吉野本葛製造の老舗。創業以来ほぼ変わらぬ精製法でつくる本葛は高い品質を誇り、当代随一と評されるほど。高級料亭や和菓子職人の間では言わずと知れた銘品として愛されている。明治初期より宮内庁の御用を勤めることとなり、昭和天皇も好んで召し上がられた。また文豪・谷崎潤一郎が小説『吉野葛』を執筆する際に滞在し、葛にちなんだ歌を残したことでも知られる。葛の甘味や創作料理が堪能できる東大寺店は、奈良公園の中心地に位置する「夢風ひろば」内にあり、訪れる人々に新旧の味を発信している。

町屋でつくられる吉野本葛

黒川本家は格子戸、虫籠窓、大屋根に二列の丸瓦を備えた伝統様式を保つ町屋です。

一点の曇りもなく澄み渡った純白の吉野本葛。はっと息を飲むほど高貴な佇まいと、なかなか手に入りにくいという希少価値から "白いダイヤ"とも称されています。古くからその製造を行う「吉野葛本舗 黒川本家」。細やかなキメ、なめらかさ、透明感や粘りは無二と、名だたる高級料亭や老舗和菓子店で珍重されています。長く愛されてきた味の原点を求めて、奈良県宇陀市へと足を運びました。

黒川本家があるのは、戦国時代に城下町として栄え、のちに商家町へと変遷を遂げた宇陀松山。平成18年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、昔ながらの風情が残ります。ノスタルジックな雰囲気に包まれた街を歩くと、まるで時が止まったかのようにのんびり。軒を連ねる町屋は住まいや商店として今も現役を務め、店の軒先では日本酒やしょうゆなどの看板が目に留まります。寒冷な気候と良質な水に恵まれたこの地では、地の利を生かした特産品がいくつも生まれました。中でも、広く知られているのが吉野本葛です。手仕事での伝統製法は時代の流れとともに消えゆく昨今。昔と変わらぬ佇まいの工場で「本物の味」を一途に守る黒川本家は、今では貴重な1軒となりました。

歴史に刻まれた銘品たる所以

葛根を1本ずつ機械にかけて粉砕。香ばしい香りがするのだそう。

黒川本家が本葛づくりを始めたのは、今から400年も前の江戸時代初期。元和元年(1615年)のことです。「初代の黒川道安は京都に住んでいたときに、縁をたどって吉野地方から葛根を手に入れ本葛粉をつくり、それを朝廷に献上したのが当社の始まりと伝わっています」と話すのは、十三代目の黒川伸一さんです。その後に移り住んだ現在の地、奈良県宇陀市大宇陀で本格的に本葛づくりを行うこととなりました。

黒川本家が丹精込めてつくる本葛粉の評判は高く、大和松山藩主だった織田伊豆守長頼からは「当代随一」と評されたほど。「随一印吉野本葛」の名が付く代表ブランドが、今もその誇りを掲げています。また、明治初期より宮内庁御用達の品として納め、かの昭和天皇にも愛されました。文豪・谷崎潤一郎は小説『吉野葛』を書き上げる際、取材のため同家に滞在。職人の仕事ぶりに触れ「秋は来ぬ うしろの山の葛の葉に うらさびしくも なりにけるかな」と歌を残していったというエピソードもあります。黒川本家の吉野本葛は、その長い歴史の中で多くの寵愛を受け、気品と風格に磨きをかけてきました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ