トップ > 食育特集 > File.15(1)

特集メインタイトル

黒大豆はおめでたい席の料理に欠かすことができない縁起の良い食材。煮豆にするとつやっと輝き、上品でやさしい甘さに思わず笑みがこぼれます。黒大豆の中でもブランド豆として知られる「丹波黒」。産地のプライドが生んだ極上の味を求めて、兵庫県篠山市へ出かけました。

小田垣商店

兵庫県篠山市立町9番地 079-552-0011
http://www.odagaki.co.jp
種苗・農業資材販売店、黒豆・小豆問屋の老舗。享保19年(1735年)鋳物商として創業する。明治元年(1868年)に種苗店へと転業し、黒大豆種子の取り扱いと黒大豆の集荷販売を開始する。昭和13年(1938年)に小田垣商店へ改名。長い歩みの中では農家への栽培技術指導や品種改良にも努めた。昭和53年(1978年)には丹波黒豆のオリジナル規格「飛切」と「飛切極上」を商品化。丹波黒豆枝豆の販売を先駆けるなど、産地の活性化に注力する。

丹波黒の発祥の地・篠山市

伝統の手より作業。熟練した女性社員たちによって確かな品質が守られています。

兵庫県篠山市は丹波篠山とも呼ばれ、見渡す限り田畑が広がる自然豊かな地域。黒大豆「丹波黒」発祥の地としても知られています。丹波黒はその昔、水田の周りの畦に種をまいて育てる畦豆(あぜまめ)として広がったのが始まり。農家の努力が時を重ねて結実し、篠山市は一大産地へと発展を遂げました。

地元で140年以上もの長きにわたり黒豆・小豆問屋の看板を掲げる「小田垣商店」。明治元年から黒豆の種子を販売し、その栽培を支えるとともに、丹波黒をブランド豆へと押し上げた立役者でもあります。丹波黒は「苦労豆」と言われるほど大変に手間がかかる作物。栽培方法も独特で、小田垣商店では栽培試験を繰り返し、生産者たちに技術指導を行っていた時代がありました。また、1990年より発行を続ける栽培技術指導教本「豆だより」には、その年の気候傾向や栽培対策などを記し、情報を提供してきました。同営業販売部部長の山本哲さんは、生産者に寄り添い丹波黒の躍進を見守ってきた一人。「篠山には発祥地ゆえのプライドがあります。農家さんたちの丹波黒にかける並々ならぬ想いがあるからこそ、私たちも毎年自信をもって商品をお客様のもとへ届けることができます」と胸を張ります。

丹波黒ならではの魅力

一面に広がる丹波黒の畑。7月下旬ごろの篠山市を訪れると、すくすくと育つ苗を目にすることができます。

黒大豆は大豆の種類の一つで、黒豆とも言われます。文献をたどっていくと、日本での栽培は平安時代から始まったという説も。戦国時代には黒大豆を原料に作った「兵粮丸(ひょうろうがん)」という薬を武士たちが携帯し、日本人は早くから黒大豆のもつ薬効に注目していたようです。また、水戸黄門が黒大豆でできた納豆を好んで食べていたという言い伝えも残っているほど、古くから親しまれた食材でした。おせち料理の一品として正月に食べられるようになったのは室町時代から。豆の甘みを砂糖代わりに、こんにゃくと炊き合わせたものが起源とされています。江戸時代中期までに確立した食文化は京都の宮中発であることが多く、一説には京都近隣で育った黒大豆が宮中で食べられ、全国へと広がったのではないかという見解もあるようです。

北海道の「光黒」、長野県・北関東・北陸地方の「玉大黒」など、現在日本では30を超える黒大豆の品種や俗称があります。数あるなかでも丹波黒は黒大豆を代表する品種として、真っ先に名前があがる逸品。他の豆と一線を画す優れた特長を備えています。まず一つに、粒が大きく整っていること。丹波黒は他の黒大豆よりおよそ30日も登熟日数が長く、開花後約100日も成長します。そのため、圧倒的に大粒なのが魅力。小田垣商店では素材から厳選したものの中からふるいの網目11mm以上のものを「飛切極上(とびきりごくじょう)」と名付け、人気を博しています。加えて山本さんは、粒の形が球形で見栄えが良く、豆の表面に白い粉を吹くのも丹波黒ならではと教えてくれました。

「他の品種は出荷前に表面を磨いているので黒く光っています。それらと比べると白い粉が汚れに見えたのでしょう。昔は卸先などからくすんでいるとクレームがあって、一時は丹波黒も磨いていたそうなんです。でもこれは汚れではなく表皮を守るためのものなので、結局何日か経つとまた元通り。今ではくすみもブランドを示す大事な証となっています」。煮ても皮がむけず、艶やかで美しい仕上がり。食感はやわらかくもっちりとしていて甘みが強く、皮が薄いために口に残らないことなども、丹波黒が多くの人に好まれてきた理由なのでしょう。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ