トップ > 食育特集 > File.17(1)

特集メインタイトル

冬から春にかけてはのりの収穫シーズン。一大産地である兵庫県明石市の海では、のり摘みの船が慌ただしく行き交う光景を目にすることができます。漁師さん自慢の「一番摘み」は、のりの中でも極上品。パリッと音を立てる歯切れの良さと上品な磯の風味は、海が育てたごちそうです。

鍵庄

兵庫県明石市貴崎3-21-28 078-945-5353
http://www.kagisho.co.jp
創業は1977年。のりの加工・販売を行う会社。明石海峡周辺で採れる良質なのりのなかでも「一番摘み」にこだわり、無名に近かった「明石のり」の名を全国へと広める。黒く艶やかな色、歯ごたえと口どけの良さを備えた同社ののりは、家庭で親しまれるだけでなく、贈答用としても珍重される銘品。近年はのりの新たな可能性を求めて研究を進め、スキンケア商品開発へとすそ野を広げている。

兵庫県は生産量第2位

出来立ての味付けのりを試食。普段食べ慣れたものよりも一層香ばしく、味も少し濃く感じられました。

日本有数の豊かな漁場として知られる兵庫県の明石海峡。豊富なえさを食べ、厳しい潮流に鍛えられた明石産の鯛やタコは、味が良く身がしまり、絶品なことで有名。築地でも高値で取り引きされる高級ブランド食材です。鯛、タコに次ぐ地元自慢の味といえば「明石のり」。日本におけるのりの生産量で、兵庫県はトップクラスを誇っています。

日本ののりの産地として広く浸透しているのは、佐賀県、福岡県、熊本県の九州有明3県。この地域で誰もが知る「有明のり」は生まれ、その生産量は全国シェアの50~60%を占めています。なかでも佐賀県の生産量は全国ナンバーワン。日本を代表するのりの産地です。一方、兵庫県の生産量は全体の17~18%で国内第2位(平成24年度)。有明のりと比べると知名度は低く、うち約40%が明石産であることも意外と知られていません。しかし、品質は有明のりに負けず劣らず。明石海峡の速い潮流や寒い季節風にもまれて育った明石のりは、肉厚で歯切れが良く、深みのある色艶が独特で、天然の旨みをたっぷりと含んだしっかりとした味わいが特徴です。

一番摘みにこだわる理由

創業者である現社長の地元産にかける愛情が感じられる一番のり。

1977年より明石でのりの加工・販売を行う「鍵庄」は、創業以来明石のりの中でも極上の「一番摘み」にこだわってきました。一番摘みは新芽とも呼ばれ、お茶でいうところの新茶のようなもの。のり網から一番初めに刈り取ったのりだけをこういいます。食べると柔らかくて口どけが良く、舌の上でほろほろとほどけていくのが印象的。旨みも強く感じられます。「当社は一番摘みのなかでも、さらにとびきり品質の良いものだけを選りすぐって使っています」と話すのは、取締役の入江雅仁さん。のりの刈り取りは、通常1枚の網で7、8回程度行われますが、回数を重ねていくほどに硬くなり、口どけが悪く食感はガサガサに。さらに味や香りも感じにくくなってきます。高い品質を維持するためには、一番摘みだけを使うのが理想ですが、全体の5%程度ともいわれる程で大量仕入れは困難。さらに、値が張る、扱いづらくロスが多いなどの理由で、なかなか手が出ない業者も多いと聞きます。しかし同社は創業以来、頑なまでに一番摘みに思いを寄せてきました。そこには、創業者である現社長の地元産にかける愛情があると、入江さんはいいます。

「社長は創業当初、現在のように販売中心ではなく、のりの加工を請け負う仕事をしていました。いろいろな種類ののりを預かり、日々同じように加工をするなかで、焼き色がすごく良いもの、味見をするととてもおいしいものなど、さまざまな違いに気づくようになったそうです。味も見た目も別格と感じるのりを追求していくと、それは漁師さんたちが新芽と呼ぶ一番摘みだということがわかって。こんなにおいしいものが地元で採れるなら、ぜひ世の中に広めたいという気持ちから、仕入れや販売のリスクを受け入れてでも自らの会社で小売りを始めるという決意に至ったわけです」

当時は兵庫県でのりが収穫されていることも、明石が良質なのりの産地であることも、世間では今以上に知られていないころ。地元の名を売っていくと同時に、業務用が主だった兵庫県産ののりの価値を贈答品としても高めたいと、商品に「一番摘み明石のり」と記してブランド化に乗り出しました。こうした思いが少しずつ実を結び、明石のりの評判は人々に知られるところとなりました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ