トップ > 食育特集 > File.18(1)

特集メインタイトル

食通たちのバイブルともいえる「ミシュランガイド」。2016年関西版にはビブグルマン(コストパフォーマンスによる評価基準)に、大阪のお好み焼き店やたこ焼き店など「粉もん」が選ばれ話題となりました。粉もんは関西の食文化が育んだ自慢の味。そのおいしさを引き立てるのがソースです。

オリバーソース株式会社

兵庫県神戸市中央区港島南町3-2-2 078-306-6300
http://www.oliversauce.com
1923年にオリバーソースの前身となる「道満調味料研究所」を道満清氏が神戸に設立。自社製ソースの研究・開発・製造・販売を行いながら、イギリス産ウスターソースの輸入・販売を始める。その後、空襲で工場が全焼したものの再建し、1948年に世界初の濃厚ブラウンウスターソース「オリバーとんかつソース」を発売。世代を超えて愛されるロングセラー商品となる。さらに1993年には看板商品の一つである「どろソース」の販売を開始。1995年に起きた阪神・淡路大震災では本社社屋と工場が全焼し、神戸ポートアイランドに移転。その後も躍進を続け、ソースの街・神戸を長年けん引してきたメーカーとして、現在も新商品の開発に力を注ぐ。

関西人が愛する調味料

オリバーソースで製造されている商品がずらり。これはスーパーの一般的な陳列棚をイメージしているそう。

たこ焼きやお好み焼きに代表される「粉もん」は、関西人のソウルフード。おやつとしてだけでなく、お昼ごはんや夕食のメインとしてもたびたび登場します。各家庭では専用の鉄板を常備。親から子へ引き継がれた味を、テーブルを囲んでみんなでワイワイ作って食べるのが関西らしい食卓の一コマです。そんな粉もんになくてはならないものといえばソース。アツアツに焼き上がったところへ自分好みのソースをたっぷり塗ると、鉄板がジュー。湯気とともに立ち込めるスパイシーで芳醇な香りがたまりません。フウフウ言いながら頬張る瞬間は至福の時です。

野菜や果物のうまみが数種類のスパイスと溶け合ったソースは、1本で味をまとめてくれる調味料界のオールラウンダー。関西では粉もんだけでなく、天ぷらや目玉焼き、サラダ、カレーなどあらゆる料理に回しかける人も多く、幅広い世代に愛されてきました。

ソースはハイカラな味

オリバーソースの2大看板である「とんかつソース」と「どろソース」は、どちらも発売当初から多くの人にインパクトを与えました。

ソースといえば今では多様な種類を指しますが、日本におけるソースの元祖と言えるのがウスターソース。私たちの舌に最もポピュラーな味はイギリスが発祥で、1800年代にウスターシャー州のウスター市という街で生まれています。日本に伝わったのは江戸末期から明治維新にかけて。パンやケーキなど西洋の食文化の伝来とともにやってきました。特に外国人が多く住んでいた神戸では、洋食の普及によってソースも広がり、洋食店が「西洋の醤油」としていち早く取り入れたことから、日本人にも知られるようになります。ところが、ウスターソース独特の酸味やスパイシーさが、味噌や醤油といったうまみの強い調味料を好む人々の間にはなかなか馴染みませんでした。食卓に行き渡るようになるのは昭和に入ってから。コロッケやとんかつが当たり前のようにテーブルに並び、和から洋へと食生活がガラリと変わったことや、日本人の口に合うよう各メーカーが味に改良を重ねたこともあって、ウスターソースは一般家庭へと広がっていきます。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ