トップ > 食育特集 > File.20(1)

特集メインタイトル

栄養価に優れた日本人の国民食「納豆」。しかし個性的な味と香り、特有の粘りが苦手という人も多く、特に納豆嫌いが多い関西ではなかなか浸透しづらい食品です。それでも1人でも多くおいしさを届けたいと、納豆づくりに勤しむ小さな会社が大阪にあります。

小金屋食品

大阪府大東市御領3-10-8 075-441-1121
http://710-bar.co.jp
大阪で半世紀以上に渡り納豆一筋に製造。納豆が苦手な人が多い関西でも受け入れられやすいようにと改良を重ねた味は、くせがなく上品。国産の上質な大豆にこだわり、化学調味料不使用のたれを付属するなど、子どもから年配の方まで安心して食べられるよう配慮されている。トッピングのバリエーションを広げ新しい味わい方を提案し、環境にやさしい深型紙カップを採用。また、納豆とは思えないオシャレなパッケージを展開するなど、女性消費者を意識した商品開発も盛ん。真摯な姿勢で納豆づくりに取り組み、納豆不毛の地と言われる大阪で躍進を続けている。

健康には良いけれど…

小金屋食品が建つ周りには町工場が並びにぎやか。小さく掛かった看板が唯一の目印です。

納豆はカルシウムやビタミン、マグネシウムなど、人間が必要とする栄養素をバランス良く含む優れた発酵食品です。古くから健康に良い影響を与えることが注目されており、食べる万能薬としてその実力は言わずと知れたこと。腸の働きを整えスムーズなお通じをサポートしてくれるのはもちろん、美肌・美髪効果やアンチエイジング、疲労回復や免疫力を高めることにも一役。また、納豆にしかない栄養成分であるナットウキナーゼとビタミンK2には、近年関心が高まっています。血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼは動脈硬化を抑制する働きや成人病の予防にも有効なのではと期待され、ビタミンK2は丈夫な骨づくりを助けてくれるとも。このように、納豆の健康効果は挙げればきりがありません。しかしその一方で、においが強くネバネバとした独特の食感から好き嫌いがはっきりと分かれてしまう食品。関東と比べると関西は納豆嫌いの傾向が強く、なかでも大阪は昔から納豆不毛の地と言われていました。

厳選素材とこだわりの製法

付属のたれやネギ、うずら卵をカップに入れたりふたをする作業まで、一つ一つ丁寧に人の手で行うのがポリシー。それぞれの持ち場で黙々と働く姿が印象的です。

そんな大阪で50年余り納豆づくりを続けてきた会社があります。小さな町工場が立ち並ぶ中に、ひっそりと看板を掲げる小金屋食品。扉を開けると、立ち込めていた納豆のにおいが鼻をくすぐります。作業場でテキパキと働くのは9人の女性たち。男性の姿は見当たりません。「当社は今、女性しか採用していないんです。女性は作業が丁寧。男性なら見過ごしてしまうような不良品でも細かく見てくれますし、何より気が利きます。時間内で効率よく働いてくれるのもありがたいですしね」と話すのは、二代目社長の吉田恵美子さん。先代だった亡き父親の意志と技を受け継ぎ、忙しい毎日を切り盛りしています。
小金屋食品の納豆づくりは、工程のほとんどが手作業。そのため、1日3,000~3,500食作るのが限界だと言います。原材料は国産の上質な白大豆を厳選。「大粒、小粒、ひきわりとそれぞれに産地は違いますが、白大豆以外は使いません。黒大豆や青大豆も試してみたことはありますが、糸引きや味を比べると白大豆が一番。これに勝るものはないと思っています」。仕込みは大豆を洗って水に漬け、水分をしっかりと含ませるところから始まります。大豆が十分に水分を含んだところで大きな圧力釜に入れ、煮豆のように軟らかくなるまで蒸し煮。煮あがったら納豆菌を混ぜていきます。納豆菌は無味無臭で無色透明の液体。既定の分量に希釈して、大豆全体に行き渡るよう噴霧します。このとき、しっかりとまんべんなく納豆菌を振ることが良い納豆に育てるコツ。容器に充填したら発酵室に移し、19時間ほどかけてゆっくりと発酵させていきます。糸を引くようになったら冷蔵へ。冷やすことで味がぐっと締まり、小金屋食品自慢の納豆が完成します。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ