トップ > 食育特集 > File.21(1)

特集メインタイトル

まろやかな味わいと芳醇な香り、艶やかな色が特徴の和の調味料・醤油。澄んだ空気の中で生まれる手作りの味を求めて、訪ねた先は岡山県の醸造元。そこではお客さん思いの作り手たちが、まっすぐに醤油づくりと向き合っていました。

鷹取醤油

岡山県備前市香登本887 0869-66-9033
http://takatori-shoyu.co.jp
明治38年創業。醤油製造販売・醤油加工製造販売を行う。愛醸感謝をモットーに、安全でおいしい醤油づくりを心がける。清らかな水と質の良い原材料を使い、コツコツと丁寧に醸造した醤油は、昔から変わらない味と品質を誇る。近年は、醤油以外の加工食品の研究にも力を注ぎ、ウェブ販売などでシェアを拡大。全国へこだわり抜いた商品を届けている。

鎖国時代も特別扱いの調味料

父親の代まで使っていたという醤油づくりの道具。木桶には作り手の歴史が刻まれています。

「ソイソース」の名で海外のスーパーや飲食店でも目にする醤油。日本食ブームの火付け役であり、今や世界中の人々に愛されている調味料です。しょうゆはすでに江戸時代から海外に輸出され、鎖国の時代でも唯一貿易を許されていました。そのルーツは中国で古くから伝わる醤(ジャン)にあると言われています。醤は野菜や魚、穀物などの食物を塩漬けしたもの。長期保存ができ重宝されていました。醤には数種類あり、なかでも小麦・米・大豆を原材料に作った「穀醤」が現在の醤油の起源とされています。その味が日本に広がったのは鎌倉時代に入ってからのこと。宗に修行に出た信州の禅僧が径山寺(きんざんじ)みその製法を学び伝えたところ、底にたまった液体のおいしさに驚き、それがたまり醤油となったとか。偶然の産物が進化を遂げ、日本人が誇る現在の醤油になったのです。

原木商から醤油屋へ

温かで親しみやすい人柄から社員や地域の人々に慕われている鷹取醤油4代目の鷹取宏尚社長。

日本における醤油メーカーは現在約1,500社を数えます。家族経営で行っている小規模な醸造元も多く、地域ごとにずっと親しまれてきた味が存在するのが醤油の特徴とも言えるでしょう。岡山県備前市にも地元の人に長年愛されてきた小さな醸造元があります。瀬戸内海と緑豊かな山々に囲まれ、焼き物のまちとして古くから発展してきたこの地に、鷹取醤油が誕生したのは1905年。今年で創業111年目を迎えました。旧山陽道に建つ醤油蔵は、昔ながらの風情が香る地域のシンボルです。「かつては宿場から宿場をつなぐちょっとした休憩地として、このあたりも商店が並んでにぎやかやったようです。醤油蔵も多くて最盛期だった大正時代は大小合わせると10軒ほどありました。それが徐々になくなってしもうて、今はうちだけですね」と話すのは、鷹取醤油4代目の鷹取宏尚社長です。鷹取醤油がある香登(かがと)地区周辺では、昔は醤油の原材料となる大豆と小麦の栽培が盛んでした。近くの山からは清らかで軟らかな口当たりの伏流水に恵まれ、大きな塩田から採取される良質な塩に事欠かなかったことも、醤油づくりの最適地として栄えた要因です。

鷹取醤油は初代・鷹取市平氏が原木商を営む傍らで静かに看板を掲げました。暖簾に記された伏見屋の屋号は、江戸時代から続いてきた原木商より引き継いだものです。小さく始めた商いながら、志は高く「世のため人のため」。商売をさせてもらえるのは周囲の支えがあってこそと、まず一番に地域の人に喜ばれる商品をつくろうという思いをもって先祖代々精進してきたと鷹取さんは言います。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ