トップ > 食育特集 > File.24(1)

特集メインタイトル

スプーン1杯がパワーを運んでくれるハチミツ。健康維持のために食べるだけではなく、医療が発達していなかった時代の西洋では、薬として用いられていました。ハチミツには殺菌・消毒効果や炎症を鎮める効果があるとされ、良薬として家庭での治療にも重宝されています。1年を通してミツバチとともに暮らし、ハチミツを自家採取している大阪の養蜂家のもとを訪ねました。

茨木養蜂園

大阪府交野市私市山手3丁目2-2 072-892-4132
昭和25年創業。戦後、大阪で唯一となった専業養蜂園。4月から6月にかけては大阪府北東部の交野市にて生駒山系付近の花のミツを採取。6月中旬からは巣箱を持って北海道へと渡り、11月までミツを採取しながらミツバチの育成に勤しむ。無精製で無添加、自然が育んだ純粋な甘さは、一度食べたらやめられないと人気。茨木養蜂園が経営する喫茶がんびでは、ハチミツを使ったハニートーストやハニーレモンを食べることができる。

豊かな自然の恩恵

ハチたちの巣箱を設置するのは、自然豊かな畜産団地の一角です。

目に映る緑が日に日に鮮やかさを増し、鳥や虫たちが春の訪れを告げる4月上旬。「今日巣箱を見に行ってみたんですがね、明日あたり採蜜をしようかと思っているんですよ」。そう連絡を下さったのは、茨木養蜂園の稲田治さん。大阪府交野市で、大阪で唯一となった専用養蜂園を営んでいます。

うららかな陽気に心を弾ませ、細い山道を車で行くこと数十分。たどり着いたのは大阪と奈良の県境。人里離れたところにある畜産団地です。生駒山系に位置し、四季折々の花や草木などが自生しています。自然豊かなこの場所は、養蜂を行うには最適な環境。稲田さんは敷地の一角を借り、毎年春から梅雨前まで20箱ほどの巣箱を設置して、桜、アカシア、ハゼ、百花などのミツを採取します。養蜂家の仕事は花の開花具合と天気次第。一度ミツを採ると次が採れるまでには1週間から10日ほどかかります。その間は5ヵ所に設置した巣箱の世話をするのが稲田さんの主な仕事。「どのくらいで採蜜するかはタイミングが肝心。あまり待ちすぎるといろんな花のミツが混じって、ハチミツの味が落ちてしまうんですよ」。ミツの溜まり具合や幼虫の生育状況を見極め、採蜜作業を行う日を決めます。

ミツバチの一生懸命な働きを見ていると、恐怖心も薄れてなんだかかわいらしく見えてきます。

「質の良いハチミツが採れるのは、私たちが優秀なのではなく山が優秀だから」と稲田さんが言うように、養蜂業はどこに巣箱を置くかがとても重要。春になれば次々と多種多彩な花々が咲き誇るこのような場所は、大阪府内でも大変珍しいそうです。巣箱のすぐそばにあるソメイヨシノは、間もなく満開の時を迎えようとしていました。静かに近寄って耳を澄ますと、ブンブンという羽音が聞こえてきます。ミツバチたちが花から花へとせわしく行き交い、懸命にミツや花粉を集めていました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ