トップ > 食育特集 > File.25(1)

特集メインタイトル

お茶は私たちの生活と密接にかかわる飲み物。仕事や家事の合間に、食事のお供にと欠かすことはできません。コンビニやスーパーなどで目にするペットボトル入りのものはシーズンごとに新商品が登場。最近ではワインボトルに詰めた高級品も販売されるなど、飲む楽しみが広がりました。今回はお茶の産地の一つである三重県を訪問。伝統のお茶づくりに触れてみましょう。

全国3位の緑茶の産地

近鉄四日市駅1階にある観光案内所では、水沢のかぶせ茶を地元の特産品である萬古焼の茶器で振る舞っています。

日本各地でつくられているお茶。丁寧に注いだ1杯には、味・色・香りにそれぞれの産地の気候風土が色濃く映し出されています。ひと口にお茶といっても種類はさまざまありますが、製造の違いによって分類すると大きく3種類。不発酵茶の緑茶、半発酵茶のウーロン茶、発酵茶の紅茶に分かれ、元をたどればすべて同じ茶葉からつくられています。日本では収穫した茶葉のほとんどが緑茶に加工されています。三重県は静岡県、鹿児島県に次いで全国3位の緑茶の産地。栽培面積・生産量・生産額のすべてにおいて宇治茶で有名な京都府を抜いていることは、意外と知られていないことかもしれません。上位3県でつくられている緑茶が国の年間生産量の約80%を占めています。三重県では緑茶の中でも煎茶、かぶせ茶、深蒸し煎茶の生産が盛ん。三重県産の緑茶は伊勢茶とも呼ばれ、品質の良いブランド茶として多くの人に愛飲されてきました。

かぶせ茶の一大産地・水沢へ

お茶を栽培するのに適した環境は、年間平均気温は15℃以上、年間降水量は1500ミリ以上と言われています。この条件を満たす穏やかな気候に恵まれた三重県は、昔から茶どころとして栄えてきました。南北に長い地形は北勢、中勢、南勢と3地域に分かれ、お茶の中心的な産地は北勢と南勢。地域によって風土に違いがあり、特性を生かしたお茶がつくられています。今回は、古くから茶栽培を行う北勢に位置し、かぶせ茶の一大産地である四日市市水沢町(すいざわちょう)を訪ねました。

【豆知識】地域ごとの特徴

・北勢(四日市、鈴鹿、亀山など)…西に鈴鹿山脈、東には伊勢湾を望む地域。鈴鹿連邦の裾野に広大で平坦な茶
 園が広がり、かぶせ茶や煎茶が多く栽培されています。四日市市水沢町はかぶせ茶の生産で日本一を誇ります。
・南勢(飯高、飯南、大台、度会など)…伊勢神宮に通じる櫛田川と宮川に沿った地域で栽培。深蒸し煎茶の産地
 として知られています。北勢に比べると規模は小さめ。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ