トップ > 食育特集 > File.26(1)

特集メインタイトル

日本での開催が6度目となった主要国首脳会議(サミット)。今回そのステージに選ばれたのは、伊勢神宮と共に歴史を歩んできた三重県でした。三重県はサミットの主会場となった伊勢と志摩に、伊賀、紀伊を加えた4つの地域で成り立っています。南北に長い地形からそれぞれに異なる気候風土を持ち、古くから独自の食文化を発展させてきました。

山・野・海の幸に恵まれて

近鉄四日市駅1階にある観光案内所では、水沢のかぶせ茶を地元の特産品である萬古焼の茶器で振る舞っています。

5月はサミットに沸いた日本列島。世界中が注目し、歴史的にも大きな意味をもつ開催となりました。ホスト国としての重責を担った三重県の人々は、緊張と興奮の数日間を過ごしたことでしょう。数々の候補地の中から三重県伊勢市・志摩市が選ばれたのには、警備のしやすさや日本の原風景を残す風光明媚な土地柄、日本文化を印象付ける伊勢神宮があったことなど、いくつか理由が挙げられています。そして何より、首脳陣へのおもてなしに欠かすことのできない豊かな食文化があったことも決め手となったに違いありません。

主要会場に選ばれた志摩観光ホテルでは、サミットの料理を3人の料理人が担当しました。開催中に各国首脳に提供されたメニューを振り返ると、前菜からデザートまで三重県産の食材がふんだんに取り入れられています。今回は料理長を女性シェフが務め、サミット初日のディナーで腕を振るいました。味つけや盛り付けの細部には女性らしい繊細な感性が織り交ぜられていたことでしょう。

伊勢茶も食材として登場

近鉄四日市駅1階にある観光案内所では、水沢のかぶせ茶を地元の特産品である萬古焼の茶器で振る舞っています。

外務省のホームページでは現在「G7伊勢志摩サミットにおける首脳および配偶者への食事」が公開されています。そのメニューには自然豊かな地が生んだ海の幸、野の幸、山の幸がたっぷりと使われているのがわかります。三重県を代表する食材と言えば、まず伊勢海老。次いでアワビ、松坂牛といった高級食材が次々と頭に浮かぶのではないでしょうか。これらはもちろんランチやディナーの食材に選ばれ、シェフ渾身の料理は各国首脳たちの舌を喜ばせました。26日のワーキングディナーのメニューには四日市市産の伊勢茶が登場。松坂牛フィレ肉のステーキに緑茶の香りをまとわせた料理がサーブされています。緑茶は肉との相性が良く、臭みを消したり脂っぽさを解消したりとさまざまな効果をもたらします。緑茶は世界で愛飲されていますが、料理のエッセンスとしても使える優秀な食材であることを、この一皿で各国にアピールできたかもしれません。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ