トップ > 食育特集 > File.29(1)

特集メインタイトル

今年も新そばのシーズンが到来。鼻から抜ける初々しい香りとつるっとしたのど越しは絶品です。関西屈指のそばどころである兵庫県豊岡市出石町でも、この時期ならではの味を求めて、全国からそば好きたちが集まります。

関西のご当地そばといえば

出石の中心地。昔ながらの風情が香る街並みは、まるで時が止まったようでノスタルジック。

「東のそば、西のうどん」と言われるように、地域によって好みが分かれる日本の麺文化。大阪の街を歩いてみると、うどん屋の看板はよく見かけますが、そば屋はそれほど多くありません。薄口しょうゆと出汁の風味、小麦粉で作った「粉もん」をこよなく愛する関西人。そばよりうどんのほうがしっくりくるという人が多いのもうなずけます。そばにとっては完全にアウェーな関西にも、唯一そばどころとして全国的にも有名な地域があります。それが兵庫県豊岡市出石町です。

但馬の小京都とも呼ばれ、昔ながらの風情を残している出石町。兵庫県の北部に位置し、ミシュラン・グリーンガイドでも人気の観光地に選ばれた城崎温泉と隣接しています。街のシンボルとして鎮座するのは、さまざまな歴史的ドラマとも深くかかわってきた出石城(現在は城跡)。その眼下には、ゆったりとした時の流れを感じさせる落ち着いた街並みが広がります。ここを訪れる人たちにとって一番のお目当ては、ご当地名物の「出石皿そば」。観光の中心地に皿そばを提供する店が45軒も集中し、そば屋の密集度としては日本一。店ごとに異なる味を食べ歩くのも楽しみの一つです。

食べ方に娯楽性をプラス

大食いにチャレンジし、ミッションをクリアできた人にだけ渡される通行手形。旅の記念にもなります。

出石皿そばは素朴なそばを単に味わうだけではありません。見せ方や食べ方にエンターテインメント性を盛り込み、独自のスタイルを作り上げてきました。他のご当地そばと大きく違うのは提供の仕方。そば1人前が5つの白地の小皿に分けて盛られています。

1皿あたりの量はだいたいひと口かふた口程度。食べ終えると次の皿、また次の皿へと自然と手が伸び、女性でも5皿はあっという間に完食してしまいます。物足りないときはお腹の具合と相談しながら一皿ずつ追加ができ、食べ終わった皿を高く重ねていくのも一興。また、店によっては大食いにチャレンジすることもでき、制限時間内に指定した枚数を食べ切ったり、一定の枚数以上を完食できれば手作りの通行手形がもらえる楽しみも。好奇心をくすぐるサービスが観光客から評判を得て、リピーターを増やすことにつながっています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ