トップ > 食育特集 > File.30(1)

特集メインタイトル

昨年、日本を訪れた外国人旅行者の数は1974万人となり、今年になってからも加速が止まりません。リピーターが増加し、旅行者たちの関心は今「爆買い」からレジャーや食事などの「コト消費」へと移っています。その流れがここ、大阪・黒門市場にも……。

黒門市場商店街振興組合

大阪市中央区日本橋2丁目4-1 06-6631-0007
http://www.kuromon.com
黒門市場組合が成立したのは昭和23年のこと(組合自体は戦前もあったが詳細は不明)。昭和27年に黒門市場振興組合に名称を変更し、昭和50年には黒門市場商店街振興組合として法人化。バブル崩壊後、昔と比べると静かになった商店街をインバウンド向けへと大胆に転換。にぎわいを取り戻したことで脚光を浴びる。今日の黒門市場の活気は、街の活性化はもちろん、日本の観光産業の飛躍にも大きく貢献している。

大阪一、活気あふれる市場の今

お話を聞かせてくださった黒門市場商店街振興組合理事長の山本善規さんと理事の北口雅士さん。北口さんは黒門の歴史にも詳しい人。

時が過ぎるのは早く、もう師走。街は次第に慌ただしさを増し、年末年始の買い出しに追われるころとなりました。東京の築地、京都の錦、大阪の黒門といえば、誰もが知る日本の3大市場。なかでも黒門市場は、プロの料理人が頼りにする大阪随一の一流食材の宝庫として栄えてきました。ところが最近は、何やら通りが様変わりしているとのこと。さっそく行ってみることに。

大阪市中央区の南に位置する黒門市場は「浪速の台所」「大阪の胃袋」などと呼ばれ、古くから親しまれてきました。地下鉄千日前線「日本橋駅」を降りて地上に出ると、すぐに入口が見えてきます。市場の総延長距離は580m。キの字型に伸びる通りには160店舗ほどがひしめき合い、威勢の良い声が響きます。それにしても、どこもかしこも人、人、人。行列ができている商店もあります。今日は平日で、イベントや売り出しもないはず。この盛況ぶりは、いったいどういうことなのでしょう。

外国人観光客に大人気の食べ歩き

1枚5000円もする神戸牛をその場でグリル。カットして爪楊枝で食べている中国人が多いこと。日本人との文化の違いを実感。日本のフルーツはクオリティが高いと外国人に評判。洗わずそのまま食べられる安心感も人気に拍車をかけています。

「今日はまだすっと歩けたのでマシなほうですよ。台風の影響があって、昨日は飛行機がこっちに飛んでないからね。最近は毎日が年末の大売り出しみたいなもん!」と満面の笑みで話すのは、黒門市場商店街振興組合理事長の山本善規さん。行き交う人々を観察してみると、手には皆スマホやデジカメ。重そうなバックパックを背負った人やスーツケースを引きながら歩く人も見かけます。商品のそばに置かれたタグには、日本語と共に英語や中国語も表記。そういえば、さっきから耳慣れない言葉も飛び交っているような……。

黒門市場はここ数年の間に、外国人観光客向けへと大きく転換。店先に並ぶ新鮮な魚介類や高級な黒毛和牛は購入するとその場で店員さんが焼いてくれるシステム。八百屋では季節野菜に代わり、ひと口サイズのパイナップルやイチゴがプラスチックカップに入って置かれています。通りには買ったものをシェアして食べているグループや、店の奥にセッティングされた簡易テーブルとイスに腰掛け、のんびりと食事を楽しんでいる人も。立ち込める匂いや熱気はアジアの屋台さながら。「浪速の台所」はいつの間にか、店を巡りながら食べ歩きを楽しめる、外国人観光客に話題のスポットとなっていました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ