トップ > 食育特集 > File.31(1)

特集メインタイトル

コンビニのお弁当やスーパーのお総菜は便利で手軽ですが、ただ食べたい欲求を満たしているだけかもしれません。大地のエネルギーをたっぷりと吸って育った元気な野菜こそ、体が心底欲しているもの。今の食事を見直すことで心身が整うだけでなく、人生のリズムも変わり始めるとしたら……。毎日の暮らしに、自然な食を取り入れてみませんか。

オーガニック ベジタリアン カフェ レ コッコレ

大阪市中央区北久宝寺町3-4-1豆庭ビル 06-6245-5558
http://www.le-coccole.jp/
体が喜ぶ食材を厳選し、自然のままのおいしさを届けるベジタリアンカフェ。料理には肉、乳製品、卵などの動物性食品をまったく使わず、丁寧に育てられた無農薬野菜が中心。調味料もナチュラルな製法で作られたものだけを吟味し、野菜からのうま味や甘味を活用して、バラエティー豊かなメニューを手掛ける。また、調理道具や調理法は素材のエネルギーを損なわないことを基本に選択。ベジタリアンやヴィーガン、健康志向な人から信頼されている一軒。

小さな葉物1枚にも存在感

お話を聞かせてくださったオーナーの横田さんが大事にしているのは朝時間。ヨガや瞑想、足湯などで心身を癒やし、健やかに保っています。自家製のハーブたちは、「サラダだけでなく、料理にアクセントに使います。スープやピクルス液にも活用するといい味が染み出ます」。

大阪の心斎橋・南船場は高級ブランドショップや最先端のカフェが立ち並ぶトレンドに敏感なエリア。活気あふれる通りから1本中に入った静かな場所に、外国人旅行者にも人気のオーガニックベジタリアンカフェがあります。「レ コッコレ」は“本物の食材”にスポットを当て、自然のままのおいしさを楽しむことがコンセプト。皿の上の主役は味も栄養も抜群のフレッシュな野菜たちです。調理はシンプルに、味付けはやさしく。「質の良い食材ほど、手を加えなくてもおいしさが伝わります」と話すのはオーナーの横田朋美さんです。メニューはどれをとっても彩り豊かな野菜がたっぷり。大きめにカットされていて食べ応えも十分です。

「料理には肉や魚、卵など動物性の食品や化学調味料を一切使いません。物足りないと思われるかもしれませんが、けっしてそんなことはないんです。普段は玄米ですら食べない男性が、どの料理にも肉が入っていないことをすっかり忘れて夢中で食べてくださるほど。ニンジンやシイタケ、ピーマンが食べられない人も、この店でなら食べられるのが不思議だと言ってくださいます」。

目を見張るのは一品ごとの野菜の美しさ。シャキッとみずみずしく艶やかで、いつものランチならただの添え付けで終わるリーフサラダも、ここではしっかりとした存在感。「すごくワイルドな味がするとびっくりされるお客様もいます。うちの野菜はそれぞれの個性が際立っていてとっても味が濃い。小さな葉物1枚でも苦みやうま味がくっきりしています。だから食べた人には満足感があるんです」。

栽培にこだわった野菜

奈良の弟さんの畑から届いた野菜たち。表裏色の違う紫蘇や、サツマイモの葉など多種多彩。「わさび菜は辛いだけでなくかなりのうま味があります」。

店で扱う野菜はすべて、皮ごと食べられる安全で安心なものが大前提。奈良で農家を営む横田さんの弟さんが栽培した無農薬のものが中心です。「オーガニックと書いて売られているからといって、すべてがおいしいと約束されているわけではありません。弟が作っている野菜はまず安心できるし、私が知る中ではダントツに味がいいと思っています」。

弟さんの畑が獣害にやられて種類や量が限られるときや端境期には、宅配の自然食材や近くのオーガニックスーパーで栽培にこだわったものを調達することも。「野菜はどこで買っているんですかとお客様から聞かれることがよくあります。そんなときはいつも利用しているスーパーや宅配を紹介しているんです。全国各地から選りすぐった良質な品が集まり、1年中安定して購入できる点では信頼が置けますから。普通のスーパーと比べると自然食品の店はまだまだ少ないし、買い方がわからない人も多いんですよ」。横田さんの発信する味が、自然食と人との距離を近づけています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ