トップ > 食育特集 > File.32(1)

特集メインタイトル

古都の豊かな食文化を長きにわたってけん引してきた伝統野菜たち。他の野菜とは一線を画す野趣あふれる香りと独特な味わいは、調理を施しても霞むことはなく、口の中で存在感を放ちます。しかしその際立った個性が足かせとなり、時代の波に押されて多くの品種が姿を消しつつある今。高校生たちによる守る取り組みを追いました。

京都府立桂高等学校

京都市西京区川島松ノ木本町27 075-391-2151
http://www.kyoto-be.ne.jp/katsura-hs/
「創造性に富み、心豊かな、たくましい人間の育成」を教育目標に掲げる同校は、1948年に創立。最大の特徴は、普通科に加え農業や植物に関して学ぶ専門学科を設けているということ。園芸ビジネス科は農業の基礎知識を身につけ、スペシャリストの育成に注力。野菜や草花の栽培から販売までを行う。また植物クリエイト科では、植物の育種から生産・加工に至るまでの知識や技術を習得。バイオテクノロジー技術を応用した学習も取り入れている。2012年にはスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)指定校に認定。先端的な技術や高度な技能を磨き、研究活動も積極的に行っている。

移りゆく京野菜の実情

イキイキと育った伝統野菜たち。土づくりは先生が担当。化成肥料は使わず減農薬を心がけています。

京野菜は京都府内で取れた野菜の総称であり、認定されているのは43品目。その中でも、京都府全域で明治以前から栽培が続いているものを「京の伝統野菜」と位置付けています。京野菜が特産品として独自の進化を遂げ、確固たる地位を築き上げた背景には、より良質を求めた公卿や貴族の食生活と、精進料理への需要拡大があったともいわれています。

聖護院かぶや堀川ごぼうなど、産地の名前がつけられている京野菜たち。地域と深く結びつき、作り手たちの汗により長い歴史の中で多くの品種が生まれてきました。しかし現在は、環境の変化や時代の移り変わりにより徐々に衰退へと向かっています。特に京の伝統野菜を取り巻く現状は深刻。栽培方法が難しく害虫や病気に弱いため安定した収穫が見込めないことや、食の欧米化による需要の先細りなど、多くの問題を抱え作り手が減少。すでに絶滅してしまったもの、また絶滅の危機に陥っている品種もあります。今かろうじてつながっている命のバトンを次世代に渡していきたいと、名乗りを上げたのが京都府立桂高等学校(以下桂高校)の生徒たちでした。

実りを迎えた晩秋の畑へ

生徒たちは農作業に一生懸命。害虫対策など栽培方針は先生と相談しながら決めていきます。

桂高校の校内には、京の伝統野菜を栽培するために整備した畑があります。管理を行っているのは植物クリエイト科・園芸ビジネス科京の伝統野菜を守る研究班の生徒たち。桂高校ではスペシャリスト教育の一環として、2、3年生になると12ある研究班のいずれかに属し、興味のある分野をより深く掘り下げられる学習スタイルを取り入れています。京の伝統野菜を守る研究班もその一つ。現在は2年生12人と3年生8人の計20人が活動し、週3時間の授業に加え、放課後や休日も畑に出で伝統野菜の管理をしています。

11月中旬のある日。「そろそろ冬の野菜が実りの時期を迎えていますよ」と記者に声をかけてくれたのは、研究班の生徒たちを指導する松田俊彦先生。カメラを手に急いで畑へと向かいました。まだ午後2時ごろだというのにすでに陽が傾き始めた晩秋の畑では、金時人参やすぐき菜などが勢いよく葉を広げています。現在、桂高校で栽培している京の伝統野菜は14種類。生徒たちは畝と畝の間に腰を据え、間引きの作業をしていたり、除草をしていたり。背中を丸めながら黙々と畑仕事に勤しんでいました。その手を止めて取材の案内役を買って出てくれたのは、2年生の古田萌黄さんと瀧瀬楓子さんです。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ