トップ > 食育特集 > File.33(1)

特集メインタイトル

商店街の衰退が進む昨今。昔ながらの商いを大事にし、地元に愛され続ける商店街があります。兵庫県明石市にある「魚の棚商店街」は、今日も街の台所として人々の暮らしに寄り添っています。

明石のブランド食が勢ぞろい

色鮮やかな大漁旗が掲げられ、活気ある魚の棚商店街。昼網の時間帯は買い出しに訪れた主婦たちでにぎやかです

兵庫県明石市は東経135度の日本標準時子午線上にある街。瀬戸内の温暖な気候に恵まれ、海岸沿いからは間近に明石海峡大橋や淡路島が望める風光明媚な地域です。人々の暮らしは昔から豊かな海とともにあり、水産業が盛んです。県内トップクラスの生産量であるのり、しっかりとした歯ごたえとうま味が自慢のタコ、上質な身を誇る鯛など、明石で獲れる海の幸は全国的にも人気がある食材。高値で取り引きされています。優れた漁場の発展と街のにぎわいを支えているのが魚の棚商店街です。

魚の棚商店街のアーケードは全長350m。鮮魚店を中心に練り製品店、乾物店、青果店、飲食店など約110店舗が立ち並び、お客さんを呼び込む威勢の良い声が響いています。

市民の頼れる台所として

「皮をむきます」「すみぬいてます」とすでに下処理済みであることを明記し、買い手の興味を誘います。

魚の棚商店街が誕生したのは今から400年ほど前のこと。明石城の築城とともに宮本武蔵が城下町の町割りを行った際に造られたと伝わっています。明石城からほど近い場所に位置し、地域の人々の台所として発展してきました。明石市民には「うおんたな」の愛称で親しまれている魚の棚。その昔、魚商人たちが軒先に魚を乗せた大きな板を何枚も並べて商売をしていたことからこの名前がついたそうです。

魚の棚が生まれた当時は、鮮魚店と練り製品店、塩干し物店が中心。1700年代中ごろには56軒の鮮魚店と50件の塩干物店がひしめき合っていました。戦中は幾度となく戦火に見舞われ焼け野原に。配給制度が敷かれた戦後は思うように商売ができなくなったこともありましたが、店主らの努力で活気は徐々に上向き、自由市場として復活を遂げます。ところが1949年に大火災が起き、自由市場は消失。商売をやめる店も出てきましたが、1951年には道路整備が進み、買い物がしやすい環境に整えられ再スタートを切りました。戦後は魚が飛ぶように売れたころ。早朝は卸売が中心、昼からは近所の人を相手に小売をし、人の流れが途切れることがありませんでした。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ