トップ > 食育特集 > File.34(1)

特集メインタイトル

食べることは日常で、ごく当たり前のこと。時代はそんな飽食の真っただ中にあります。けれども時には立ち止まり、日々の食と向き合うことも必要だと思いませんか。妊娠に気づいたときや晴れてお母さんになったときはなおのこと。女性がおいしく賢く健やかに食べることが命をつなぐ力になる――。食の新しい価値観として生まれた「産育食(さんいくしょく)」を読み解いてみましょう。

みらいたべる

神戸市中央区筒井町3-17-9 アーバンホワイト303 078-251-0881
http://miraitaberu.com
2008年より産婦人科病院のキッチンで働く調理チームとして活動を開始。さまざまな経験から「食べることはこころとからだにつながっている」と学んだ同代表取締役の小附孝さんは“うみそだてる人の食”を「産育食」と命名。現在は産婦人科食事サービスに加え、産前から授乳期に焦点を当ててより良い食と暮らしの知恵を追求する「産育食事業」を展開している。また、妊娠・授乳期に必要な情報を集約したコミュニティーサイト「月とみのり」も運営。2016年11月には産育食を世代・性別を超えて楽しんでもらうためのカフェダイニング「TOIRONI(トイロニ)」を神戸市内にオープンさせた。産育食のノウハウやレシピを記した『ママと赤ちゃんのための体重コントロール栄養食』(誠文堂新光社)『パパがつくる産前産後のおいしいごはん』(文化出版局)など書籍も出版している。

新顔カフェに秘めた思い

大きな窓が開放的でくつろぎ感にあふれたトイロニ。世代や性別を超えて産育食を発信するスペースとして生まれました。

ニュータウンとして発展しながら豊かな自然も残す神戸市北区。閑静な住宅地の一角に、古民家の風情漂うカフェダイニングが昨秋オープンしました。空間の楽しみ方や時間の過ごし方は十人十色。訪れる人すべての心をほんわかと温めたり、時に思いを作り出したりする場所でありたい――。スタッフたちのそんな思いが「TOIRONI(トイロニ)」という店の名に込められています。

メニューを彩るのは、旬を愛おしむようなランチやスイーツ。見た目に鮮やかで栄養バランスにも優れたランチは五感を刺激し、食べることへの意欲をかきたててくれます。農園から届いたフレッシュな野菜は、素材の持ち味を生かして野趣あふれるサラダやおしゃれなデリに。ヘルシーにアレンジされた肉や魚がボリュームを高め、しっかりとおなかを満たしてくれると男性にも好評です。

実はこちらの料理はすべて「産育食」という考え方に基づき作られたもの。多くの人にとってまだ耳馴染みのないこの言葉。さて、産育食とはいったい?

産育食が生まれた背景

産育食は社会や家庭の中で人それぞれに見つけていくものでもあると言う小附さん。「僕もまだ探している最中です」。

「産育食は私が作った造語です。簡単に説明すると“うみそだてる人の食”という意味。読んで字のごとくなんですけどね」(笑)。やわらかな口調でそう話し始めたのは「みらいたべる」の代表取締役である小附孝さん。産院に同社スタッフが常駐し、入院患者さん向けの食事を提供する事業などを展開しています。小附さんはかつて公務員として働きながら舞台演出家としても活躍。自分にしかできないものづくりをとの思いが膨らみ、心機一転料理の世界へ飛び込みました。パリで修行を積み、神戸・北野の有名フレンチレストランでは料理長まで登りつめたことも。自分の経歴と食の技術のマッチングを求めて転職した給食会社で産婦人科病院の食事を担当したことが、改めて食と向き合う大きな転機となりました。

「お母さんと赤ちゃんは妊娠期から授乳期まで、食べたものを分け合う時間を過ごします。お母さんの食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養となり、新しい命が育まれていく。この期間お母さんが口にするものは、普段の食事とはまったく違う意味を持つものだと知り、とても興味深いと思いました」。 けれども現場に目をやると、妊産婦さんたちの多くは食に関してそれほど関心が高くない様子。医師も健診時に母体の数値が安定していれば、日々の食事についてわざわざ話そうとはしません。現状を知ったことでいつしか「食べたものを共有できるってお母さんと赤ちゃんにとって一番幸せな時なんだよ、食べることは次の命が育っていくかけがえのない行為なんだよということを新しい価値観として世の中に打ち出していきたい」という気持ちが芽生えたと言います。

この思いを原点に「みらいたべる」を設立したのは2008年のこと。そして活動の柱として掲げたのが産育食の提案と提供でした。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ