トップ > 食育特集 > File.36(1)

特集メインタイトル

ここは兵庫県の中播磨に位置する山間の村。過疎化により年々人口が減少していく限界集落で、食・農・医の融合を目指した新たな取り組みが行われています。カギとなるのはハーブ。西洋では昔から料理や薬などさまざまな場面で用いられてきたそのパワーに注目し、活用することで人々の健康を支えながら地域の活性化を目指しています。

香寺ハーブ・ガーデン

兵庫県姫路市香寺町矢田部689-1 079-232-7316
http://www.koudera-herb.com/
1984年の開園以来、農薬や除草剤を使用せず自然に近い状態でハーブを栽培。収穫したハーブや地元で育てた野菜を使って食品や化粧品などの開発・販売を手掛けながら、兵庫県や各大学とともにさまざまな研究を行っている。また2016年より食養生に特化した農家レストラン(写真)を展開。ハーブを通して過疎化が進む地域のまちおこしに取り組む。

今話題の農家レストラン

レストランの中は山々の緑が望める開放的な空間。木造りがくつろぎ感を高め、ゆったりと食事ができます。

兵庫の名峰・雪彦山や播磨の奥座敷とも呼ばれる塩田温泉があり、風光明媚な地で知られる姫路市夢前町。山間ののどかな場所に2016年秋、農家レストランがオープンしました。建物は過疎化により閉園となった幼稚園を再利用。禅語で「慌てず、焦らず、ゆっくりと」を意味する言葉「且緩々(しゃかんかん)」と名付けられた一軒は、満足度の高い味とヘルシーさ、雰囲気の良さが評判となり、口コミで人気を広げています。

ビュッフェスタイルで楽しむランチは神戸大学附属病院の協力のもと、食べて健康を保つことを意識してメニューを構成。和洋中にアレンジした料理が20種類ほど大皿で並び、なんとも彩り鮮やかです。ふんだんに使われているのは、地元で伸びやかに育った力のある野菜やフレッシュな香りを放つハーブたち。味付けは体にやさしく薄味が基本で、素材が持つ自然な甘味やうま味を引き出すよう調理に工夫が施されています。それぞれの料理のそばには、カロリーに加え「免疫力アップ」「生活習慣病予防」など、食べることで期待できる効果効能を記したポップを添付。最近の体調はどうだろうか、今体が欲している食材は何なのかと、内なる声に耳を傾けるきっかけを与えてくれています。

食べることで健康を意識

料理が並ぶコーナーは色鮮やかで食欲をそそります。デザートやハーブティーもそろい食後ものんびり。

「うちの農家レストランでお出しする料理は、単においしいだけで終わってはいけないと思っています。食べることで血圧を下げたり、血糖値を安定した状態にコントロールしたり、筋力をアップさせて転倒防止につなげたり。病気やケガを予防すること・治すことが最大の目的なんですよ」とは、運営する香寺ハーブ・ガーデン代表取締役の福岡讓一さん。お客さんからはアンケートを取り、蓄積したデータをもとに将来的には病院の治療食として応用していくことを視野に入れていると言います。

すでにリピーターとなっているお客さんも多く、家でもレストランの料理をまねて定期的に作っているという人からは、体と心にうれしい変化が現れたという声がいくつも届いているそうです。「辛かった冷え症が改善されたとか、不眠で悩んでいたのが解消されたとか。長年のうつ病で拒食症だったけれど、うちのレストランの料理だとおなか一杯食べられたという人もいらっしゃいます。こうした言葉を聞くとやっぱり感動しますし、私たちも改めて食事が与える人への影響力の大きさを痛感しているところです」。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ