トップ > 食育特集 > File.37(1)

特集メインタイトル

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」ということわざは、小さくても優れた才能を持ち、侮れないことのたとえです。言葉の通り山椒の用途は多種多様。料理に使ったり漢方にしたり、花から樹皮、幹に至るまで余すことなく使い切ることができます。今回は伝統の朝倉さんしょを栽培する地域を訪ね、小さな実に秘められた実力を掘り下げていきます。

JAたじま朝倉さんしょ部会

兵庫県豊岡市九日市上町550-1 
0796-24-6672(事務局:JAたじま特産課)
但馬地域で朝倉さんしょを栽培する農家やグループが所属。平成22年より新植1万本を目標に活動を開始。毎年定植講習会や剪定講習会などを実施し、品質の向上に努めるほか、イベントへの参加、メディアを活用してのPR活動にも積極的に取り組んでいる。

若芽も実もおいしくいただく

地元の人にとっては家庭の味でもある山椒のつくだ煮。焼きそばに加えてもおいしいと福井さん。産地ならではの味わい方です。

山椒はミカン科サンショウ属で落葉樹の一種。英名でジャパニーズペッパーとも呼ばれています。木は成長すると2~3mほどになり、ほとんどの山椒は枝に鋭いとげを持っています。春になると出てくる若々しい葉は木の芽と言われ、色と香りで料理に華やぎを与える名脇役。手に挟んで叩くとさわやかな香りがふわりと広がり、お吸い物に浮かべたり煮物に添えたりして季節を愛おしみます。食べてもまた美味。かごいっぱいに摘み取ってすり鉢でペースト状にし、白みそなどと和えて作る木の芽味噌は、春を存分に味わえる贅沢な一品です。

ぷっくりと小さく丸い実がたわわに実るのは新緑のころ。舌を刺激する独特の辛味と食欲を高めるさわやかな香りが特徴です。実はつくだ煮にしたり、ちりめんじゃこと一緒に炊いたりするとごはんやお酒のお供にぴったり。乾燥させて粉末にしたものは料理のスパイスとして使うほか、漢方としても活用されてきました。

山椒の新たな産地「養父市」

日当たりが良い山裾にある福井さんの山椒畑。立派に育った木が今年も青々と若葉を茂らせています。

山椒は日本各地の山地に自生し、温暖な気候を好みます。栽培適地として知られているのは近畿地方の山間部。中でも和歌山県は年間400トン以上もの生産量で日本一を誇ります。主産地である有田川町はぶどう山椒発祥の地とされ、昔から栽培が盛んでした。肉厚な実は主に漢方や香辛料として用いられています。

近年、新たな山椒の産地として注目されているのが兵庫県養父市です。養父市がある県北部の但馬地域は、県最高峰の氷ノ山がそびえ、水量の豊富な円山川が流れる豊かな自然が息づくエリア。特別天然記念物のオオサンショウウオが生息し、コウノトリとの共生にも取り組んでいます。恵まれた気候風土が育む特産物も多彩。丹波黒大豆、ピーマン、キャベツなどに加えて、ここ数年但馬全域で産地の拡大に努めているのがアサクラサンショウです。

歴史深いアサクラサンショウ

アサクラサンショウは養父市八鹿町朝倉地区が発祥の品種。江戸時代の百科事典には栽培の記録があり、江戸幕府に献上したと記されている文献も残っていることから、約400年の歴史があると言われている作物です。朝倉地区では昔から自生していたもので、庭木などとしても親しまれてきました。養父市では過去に一度産地化に取り組みましたが、4~5年ほどすると木が枯れてしまうという特性から、失敗に終わった苦い経験があります。そこで栽培用に適したものを求め品種改良を重ねた結果、ようやく丈夫で育てやすい苗木を生産できるようになりました。平成22年より養父市を中心に朝来市、豊岡市、香美町、新温泉町の3市2町の但馬全域で本格的な栽培に乗り出し、「朝倉さんしょ」と名付けブランド化。地域おこしの一環として力を注いでいます。

(つづく)

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ