トップ > 食育特集 > File.39(1)

特集メインタイトル

1年を通して雨が少なく温暖なことから「晴れの国」とも呼ばれる岡山県。穏やかな気候風土は農産物の栽培に適し、桃やブドウなどの果物の産地として発展してきました。特にマスカット・オブ・アレキサンドリアの生産量は日本一。生産者たちが技術を駆使し、品質の向上に努めています。

船穂町農業後継者クラブ

岡山県倉敷市船穂2907-2 086-552-5000(JA岡山西 船穂直売所)
地元でマスカット・オブ・アレキサンドリアや全国2位の生産量を誇るスイトピーといった特産物の栽培を受け継ぐ。メンバーは平均年齢約36歳の若手を中心に新規就農者や後継ぎ農家などで構成。ブドウ農家はより良い味と香りを求め農作業に汗を流す一方で、子どもたちへの食育活動や販促活動なども積極的に行い、特産物の魅力を伝えている。

一大産地の倉敷市船穂町へ

ハウスが続く船穂町の丘陵地。日中はたっぷりと太陽の光を浴びることができる環境が健やかなブドウを育てます。

世界中に1万品種以上もあるといわれるブドウ。海外ではワインの原料に用いられることが多いですが、日本では生食や加工品として親しまれ、古くから人々の身近にありました。数ある品種の中でもマスカット・オブ・アレキサンドリアは「果物の女王」や「陸の真珠」とも称され、デパートやフルーツ専門店などで高値が付けられる高級品。その歴史は長く紀元前から食べられてきたもので、気品ある香りと濃厚な味、透き通るようなエメラルドグリーンはかのクレオパトラも魅了したといわれています。

岡山県は昔からマスカット・オブ・アレキサンドリアの栽培が盛んで、全国生産量の実に9割以上を占めています。県南部に位置する倉敷市船穂町は特にマスカット・オブ・アレキサンドリアを育てる農家が多い主産地。3代にわたってブドウ栽培を続けている浅野貴行さんとフレンチシェフからブドウ農家へ転身した松井一智さんは、切磋琢磨し産地を盛り上げる若き生産者です。産地の将来を担う船穂町農業後継者クラブの一員としても活躍しています。

先人たちの努力があってこそ

浅野さんのブドウ畑。実るほどに収入は上がりますが、木への負担が大きく弱りやすくなってしまうので加減も重要です。

生産者には通称「アレキ」と呼ばれ、愛情いっぱいに育てられているマスカット・オブ・アレキサンドリア。原産国はエジプトで高温・乾燥を好み、寒冷地では育たない品種です。岡山県にマスカット・オブ・アレキサンドリアが渡来したのは今から約130年も前のこと。数々のブドウの産地が栽培にチャレンジしたものの失敗が続き、唯一岡山県だけが成功にこぎつけることができました。

船穂町が本格的に栽培に乗り出したのは昭和26年から。浅野さんが先輩たちから聞いたところによると、最初はなかなか品質が安定せず、他の産地からお荷物扱いされたこともあったそうです。それでも先人たちは諦めず、長い歳月をかけて環境に適した方法を模索し続けました。その結果、マスカット・オブ・アレキサンドリアの一大産地として不動の座を築くことができたのです。

研究を重ねた加温栽培

加温機は重油で稼働。地面のダクトが膨らみ地温を温め根を動かします。重油代がかさんでしまうのは農家にとってつらいところ。

加温栽培とは冬場にハウス内を温め、木の生育を促す方法のこと。通常は冬になると木が冬眠状態に入り活動を休止してしまうのですが、それでは市場の需要期に間に合わず、一番の売り時を逃してしまうことも。そこでハウス内に加温機を設置し、木が活動を続けられる温度に環境を整備。冬場も生育を促すことで早い時期からの出荷が可能になりました。一方の無加温栽培(冷室)とは、ハウス内を加温せず自然の環境で栽培する方法です。産地では12~1月ごろから作業を開始する早期加温に始まり、2~3月には加温へと移行。気温が高くなるころには無加温へと切り替え、生育期と収穫期を少しずつずらすことでおいしいマスカット・オブ・アレキサンドリアをできるだけ長く消費者に届けられるように工夫しています。

船穂町では早期加温よりも早い時期から発芽を促すことができる温度帯を探り「極早期加温栽培」を確立したことで産地として大きく飛躍することができました。初出荷を迎えるのは毎年5月末ごろ。需要が最も高まる7月からお盆の時期にかけて収穫のピークを迎え、9月いっぱいまで産地をリレーしていきます。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ