トップ > 食育特集 > File.44(1)

特集メインタイトル

炊き立てのごはんのお供やお弁当のおかず、お茶請けとして親しまれてきた昆布の佃煮や塩昆布。天然素材を使い伝統の製法に準じて作る神宗の味は、関西を中心に人々の食を豊かに盛り上げてきました。創業以来230年変わらないおいしさの秘密に迫ります。

神宗

大阪府大阪市中央区高麗橋3-4-10(本店) 06-6201-2700 http://www.kansou.co.jp/
1781年、大坂の靱にて海産物問屋として創業。代々の店主が厳しい目で選び抜いた素材を使い、自然のうま味を引き出す独自の加工法で商品づくりに励む。北海道道南産の天然真昆布をじっくり炊き上げた佃煮や塩昆布は、同社を代表する味。大阪の銘品としてお土産にも重宝されている。現在は「素にして上質」を企業理念に掲げ、原点を見つめながら新たな発想でまい進を続ける。

神宗の歴史をたどる

昔の神宗本店。厳しい目で材料を厳選し、品質に対して妥協を許さない姿勢はこのころから培われてきたものです。

大阪随一のオフィス街、淀屋橋に本店を置く神宗。塩昆布や佃煮を看板商品とする関西の老舗です。近代的なビルの1階にありながら、本店の佇まいは江戸時代の商店さながら。瓦屋根やガス燈を配した凝った造りは、味と共に受け継いできた大坂町文化の風情を今に伝えています。

神宗の歩みは1781年、大坂の靭に始まりました。江戸時代の大坂は天下の台所と呼ばれ、北海道からの北前船が行き交い、昆布をはじめとしたさまざまな食材にあふれていました。町では商売が盛んで活気に満ち、初代・神嵜屋宗兵衛氏も海産物問屋として看板を掲げます。数々の商品の原型が生み出されたのは嘉永年間に本店が京町堀へと移ったころ。海産物を並べる傍らで販売していた佃煮や塩昆布がいつしか評判の味になっていました。明治時代に入ると町中では昆布佃煮の専門店も見られるようになったことから、本腰を入れて加工食品を手掛けるようになり、現在の発展へとつながっています。

天然真昆布へのこだわり

神宗を代表する商品である昆布の佃煮と神宗の味になくてはならない北海道道南産の天然真昆布。昆布だしに親しみの深い関西で重宝されています。

神宗の商品はどれも素材の良さを引き立てるシンプルな味わい。「自社で扱っているものは昆布にしてもかつおにしてもそのまま食べておいしいものばかり」と社長の小山鐘平さんは胸を張ります。とりわけなくてはならない素材が昆布。創業以来、北海道で採れた天然の真昆布にこだわってきました。

真昆布は利尻、羅臼と並ぶ3大昆布の1つであり、クリアで上品な甘味のある出汁がとれる高級品。そのうえ天然のものは身が引き締まって厚く、濃厚なうま味とコクがあるため加工品にも適しています。同じ道内産でも漁獲地や育ち方によって形や味、やわらかさが異なり、どれでもよいというわけではありません。神宗では天然のなかでも等級が高く真昆布ブランドとされている道南産白口浜の天然真昆布を使用しています。これがなければ神宗ならではの深みのある味を出すことはできません。

真昆布の産地の現状

マッカを器用に操り、真昆布を引き上げる漁師たち。北海道の過酷な環境にもまれることで立派な真昆布が育ちます。

「上質な真昆布が無事私たちの元へ届けられるのは、自然の力と産地の努力があってこそ」と小山さんは言います。昆布漁が行われるのは春から夏の終わりにかけて。好天の日には漁師たちが勇んで船に乗り込み、沖へと漕ぎ出していきます。手にしているのはマッカと呼ばれる竿。この道具を操り、海底に生えている天然真昆布を一つ一つ根元からねじり切ります。採取した昆布は干場という小石と砂利を敷き詰めた場所に並べ、太陽と潮風にさらして乾燥させます。乾燥を終えると選別の作業。色、ツヤ、形、厚さ、乾燥具合などを一枚一枚丁寧にチェックし、規格ごとに結束します。その後検査機関が格付検査を行い、合格したものだけが出荷を許されるのです。

真昆布は優れた漁場である道南地域でも現在8割が養殖で天然はわずか2割ほど。大変希少価値が高いことで知られています。天然の昆布は採取できる大きさに育つまでに時間がかかるうえ、近年は海水温の上昇や台風の影響などで採取量が大幅に減少。市場に出回る量がどんどん少なくなっています。神宗でも年々安定して確保することが難しくなっているそうです。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ