トップ > 食育特集 > File.45(1)

特集メインタイトル

90年以上にわたり子どもたちの健やかな成長に寄り添い、数々のヒット商品を生んできた江崎グリコ。なかでも「グリコ」と「ビスコ」は誰もが知るロングセラーお菓子です。楽しさあふれる商品の裏にある創業者の思いに触れるべく、江崎記念館を訪れました。

江崎記念館

大阪府大阪市西淀川区歌島4丁目6番5号 06-6477-8257 https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/ezakikinenkan/
開館時間 10:00~16:00(最終入館 15:30)
開館日 月曜~金曜(要予約) 第1・3土曜(予約不要)(※臨時休館あり)/ 入館無料(10名以上の団体の場合は前日までに要予約)
創立50周年を記念して1972年、創業の地・大阪に設立。創業者である江崎利一氏のゆかりの品や貴重な資料などを多数展示し、創業からの歩みや商品づくりへの思いを知ることができる企業ミュージアムである。元は従業員教育を目的とした施設であり、一般開放されるようになったのは5年ほど前から。第1・3土曜日は予約不要、平日は事前予約をすれば、誰でも自由に見学することができる。

グリコーゲンとの出会い

江崎利一氏直筆の「創意工夫」。徹底してオリジナルを追い求めた商品開発はまさに創意工夫の連続でした(写真上)。来館者全員へのお土産にと置かれているグリコ。見学の思い出に1人1個持ち帰ることができます(写真下)。

大阪市西淀川区に建つ江崎グリコ本社。その広い敷地内に江崎記念館はあります。貴重な展示品の一部は国の近代化産業遺産に認定されており、見学スペースはワンフロアながら見ごたえは十分。子どもだけでなく大人も楽しく学ぶことができます。館内は自由見学となっていますが、今回は江崎グリコ広報担当の方に案内をお願いし、より詳しく解説していただきました。一般の見学順路に従い、まずは映像で創業者である江崎利一氏の商いの精神や創業に至るまでのストーリーなどをひも解いていきます。

明治15年、佐賀県に生まれた利一氏。父親亡き後19歳で家業だった薬種業を継ぎ、一家の大黒柱として家計を支えていました。以前寺子屋の先生をしていた方から商売の本質を学び、商才を磨いた利一氏は、海外から大樽で安く仕入れたワインを空き瓶に移し替えて売る葡萄酒販売業で大成功をおさめます。自転車で行商に向かっていたある日のこと。筑後川下流付近で漁師たちが牡蠣を乾物にするため大鍋で煮ているところに出くわします。その煮汁が捨てられているのを見て、いつか読んだ新聞記事の中に「栄養素グリコーゲンは牡蠣に多く含まれている」と書かれてあったことを思い出した利一氏。煮汁にもグリコーゲンが豊富に入っているではとひらめき、漁師から分けてもらって専門機関へ分析を依頼しました。

グリコーゲンをキャラメルに

利一氏がキャラメルの試作時に使っていた鍋。木製のしゃもじはすっかり擦り切れ当時の苦労がしのばれます

利一氏の読み通り、牡蠣の煮汁にはグリコーゲンはもちろん、カルシウムや銅も含まれていることがわかりました。当時はグリコナールという薬が販売されていたこともあり、このグリコーゲンも何か人のために生かせるのではないかと研究を進めることにしたのです。

その翌年、利一氏の長男がチフスにかかり死の淵をさまよいます。一命はとりとめたものの食欲が戻らず衰弱するばかり。そこで医師の了解を得て研究中だった牡蠣のエキスを与えたところ体力が回復。この経験を機にグリコーゲンを広く人々の健康に役立てようと考えました。最初は薬にすることを思いつきますが、病気の治療より健康な体づくりに生かしたほうがよいと考え直し、食品にグリコーゲンを加えることに。つくだ煮やふりかけなどあれこれ試す中で着目したのが、育ち盛りの子どもに一番人気だったキャラメルでした。自ら試作品を作っては周囲の人に試食してもらい、納得がいくまでキャラメルづくりに勤しみ製品化を実現しました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ