トップ > 食育特集 > File.47(1)

特集メインタイトル

カリカリと小気味良い歯ざわりでと香ばしさで、一度食べ始めると手が止まらなくなるナッツ。最近の研究では日常の食生活に適度に取り入れることで、美と健康をサポートしてくれることが報告されています。この自然からの素晴らしいギフトを日本人と結びつけるのに大きな役割を果たした企業が兵庫県神戸市にありました。

東洋ナッツ食品

兵庫県神戸市東灘区深江浜町30番地(本社・工場) 078-452-7200 http://www.toyonut.co.jp
1959年に日本で初めて世界の木の実の加工販売を開始したパイオニア。創業当時はアーモンド、カシューナッツ、ミックスナッツ、レーズン、プルーンなどを中心に業務用製品を取り扱っていたが、東京オリンピックを機にミックスナッツの販売を一般市場へと拡大。それまで高級なイメージの強かったナッツを庶民の間に普及させた。また、日本の地で初めてアーモンドの木の栽培を成功させ、素焼き・無塩のナッツ市場を開拓した先駆者でもある。現在は世界各国のナッツ、ドライ・フルーツなどの輸入および製造販売を行い、オリジナル商品の研究・開発に勤しんでいる。

日本初のナッツ専業メーカー

生産者と東洋ナッツ食品の技術者たちの思いがしっかりと刻まれたナッツ。しっかりとした実は食べ応えがあります。

スーパーやコンビニだけでなく今や100円ショップでも手軽に買えるナッツ。美容と健康に優れた効果を発揮する食品の中でもおやつ感覚で食べられるとあって、ここ数年は急激に売り上げを伸ばしています。最近では1日の摂取適量分を小包装にするなど、食べやすさに工夫を凝らした商品も登場。より手に取りやすくなりました。

ひと昔前までナッツにつきまとっていたイメージは「高級品」。銀座の一流クラブでサーブされるお酒のおつまみだったり、デパートでは仰々しく箱に入り贈答用として並んでいたり。どちらかというと非日常的な食べ物で、庶民とは少し縁遠いものでした。

そこで、ナッツを広く人々に親しまれる食品にしようにと取り組んできたのが東洋ナッツ食品。「いつでも、どこにも、だれにでも」をキャッチフレーズに、日本で初めてアーモンドなどの木の実を加工販売したナッツ専業メーカーです。

一大産地はカリフォルニア州

産地にはまめに足を運び、生産者の苦労に寄り添います。ビジネスパートナーとして信頼を築くことが、品質向上の第一歩。

兵庫県神戸市にある工場では、年間5000トンのナッツ商品を製造。現在はアーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオ、マカデミアナッツ、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツ、ブラジルナッツと8種類のナッツを取り扱っています。日本で流通しているナッツは99%が海外からの輸入品。アーモンドはその99%をアメリカ・カリフォルニア産が占めています。他にもスペインやイタリアなどヨーロッパの乾燥地帯で栽培されており、「最近のトレンドはオーストラリア産なんですよ」と教えてくれたのは東洋ナッツ食品フロンティア開発室の倉内敏章さん。ナッツにもトレンドがあるとは驚きです。

「オーストラリア産ナッツへの注目が高まっているのは、収穫時期がカリフォルニアとは真逆になり、出荷のタイミングが重ならないため。もしカリフォルニアがその年不作だったとしても半年後にはオーストラリア産が出荷でき、安定した市場を守ることができるからです。今後、オーストラリアはナッツの主要産地として、より活用されていくのではと見ています」。

同社では、こうした最新の情報や産地の動向に常にアンテナを張り、日本のナッツ市場に反映させています。

【コラム】食べたことある? ブラジルナッツ

ブラジルナッツは東洋ナッツが創業当時から輸入しているナッツの一つ。けれども日本人には非常にレアで、あまり馴染みがありません。生育しているのは南米のアマゾン川流域。サイズは大人の親指大でカシューナッツに似た白っぽい色をし、表面は茶色の薄皮に覆われています。油分と食物繊維を多く含み、シャリシャリとした食感も特徴です。

最近はその高い栄養価にスポットが当たり、スーパーフードとして人気が上昇中。1日1粒食べるだけで、生活習慣病の予防やアンチエイジング、免疫力アップなどさまざまな効果が期待できるとか。同社の商品では缶入りミックスナッツの一部に含まれているそうなので、探してみてはいかがでしょうか。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ