トップ > 食育特集 > File.48(1)

特集メインタイトル

フルーツや魚介類を食べたときに、口やのどにかゆみやピリピリ、イガイガなどの違和感を覚えたことはありませんか。もしかしたらそれは食物アレルギーの症状かもしれません。今回は食物アレルギーの治療や研究を専門とする園田学園女子大学 食物栄養学科 教授の末廣 豊先生に、疾患にまつわる基礎知識から最新事情までをうかがいました。

園田学園女子大学 食物栄養学科 教授 末廣 豊先生

食物アレルギー、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎のスペシャリスト。大阪府済生会大阪乳児院院長を務めるかたわら、大阪府済生会中津病院の小児科、免疫・アレルギーセンターにも勤務し、長年にわたり専門医としてアレルギーに苦しむ数多くの患者を治療。2018年4月より園田学園女子大学の食物栄養学科教授に就任。また、定期的に院内で小児食物アレルギー教室を開催し、疾患に対する正しい知識を広めるとともに、アレルギー発症時の適切な対処法などを指導している。公益財団法人日本アレルギー協会 関西支部 評議員。
公益財団法人日本アレルギー協会 公式ホームページ http://www.jaanet.org

食物アレルギーって?

食事について日ごろから気をつけなければならない病気はいくつもあります。なかでも特に注意が必要なのが食物アレルギーのある人たちです。

食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を口にしたときに、普段は体を守るはずの免疫機能が過剰反応を起こし、じんましんや咳、嘔吐、腹痛などのさまざまな症状を引き起こすことをいいます。場合によっては命に関わるほど重篤な反応を起こす危険性もあり、油断はできません。近年、食物アレルギーは子どもの代表的な疾患の一つとして知られ、その患者数は気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎を上回り、年々増加傾向にあります。また、子どもだけでなく成人になってからも発症することがあり、苦しい思いをしている人も少なくありません。

原因となる食品1位は鶏卵

【原因食品の内訳】
「食物アレルギー診療ガイドライン2012」(日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会)より引用

「食物アレルギーは乳幼児期に発症することが多く、0歳台の赤ちゃんの約10人に1人に見られます。けれども、成長とともにその数は減るのがこの病気の特徴でしょう。5〜6歳以降は2.5%前後で4分の1くらいになります。しかしこの段階でまだ症状のある人は成人になるまで続きます」と末廣先生。

食物アレルギーの原因となる食品は人によって異なり、原因物質をアレルゲン(抗原)と呼びます。3歳までのアレルゲンの1位は圧倒的に鶏卵。次いで牛乳・乳製品、小麦製品と続きます。乳幼児期に発症し、鶏卵や牛乳・乳製品、小麦製品がアレルゲンとなっている人は、多くの場合成長するにつれ症状が軽くなります。一方、成人で食物アレルギーを発症するケースでは、エビ・カニといった甲殻類によるアレルギーの頻度が高くなり、ナッツ類、フルーツ、魚もアレルゲンとして挙げられます。これらをアレルゲンに持つと年齢を重ねても治らないことがあり、小児より症状がきつく出るのも特徴です。日本では毎年3人程度が食物アレルギーによるアナフィラキシーショックで亡くなっています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ