トップ > 食育特集 > File.02(1)

特集メインタイトル

"体の不調は食で正す"という知恵は、昔の日本人には自然と根付いていたものでした。飽食の時代を迎え、いつしか忘れられてしまった先人たちの教え。それを取り戻そうと切磋琢磨する2人の女性に出会いました。

ホールフーズキッチン クレド
whole foods kitchen credo

兵庫県神戸市中央区熊内橋通6-3-12 078-222-7166
http://www.credoland.jp/
マクロビオティック(日本の伝統食をベースとした玄米と野菜が中心の食)の考えに基づき、「食」「学」「癒」により心身の健康をサポート。自然との調和を大切にする人を広げていくことを目指す。カフェで提供するランチは、玄米を主食とし、野菜の根や葉も無駄にせずすべて丸ごといただく「ホールフード」がベース。体に負担が大きいとされる白砂糖、動物性食材、化学調味料、乳製品は使用せず、旬の野菜や豆、雑穀、海藻など、植物性食材だけを組み合わせて調理している。また、マクロビオティックの料理教室や陰陽五行論などを学ぶ講座も開講。初心者でも気軽に参加できる単発レッスンや、個人の体調や不調に合わせてプログラムを組み、改善へと導く本格的なコースもあり、わかりやすくレクチャーする。

世界中で注目される日本の伝統食

週替わりのランチセットをかわいいイラストで説明

海外の著名人やスーパースターが美容と健康に良いと、こぞって実践したことで世界的に広がりをみせたマクロビオティック。しかしその発祥が日本であることは、あまり知られていないかもしれません。

マクロビオティックは、玄米と野菜を主役とした日本古来の伝統食。いわゆる"粗食"が軸となった食養生です。今ほど医学や薬の進歩が目覚ましくなかったころ、人は食を頼り工夫することで、健康を保ったり病気や不調を改善したりしてきました。そうした先人からの豊かな知恵を受け継ぎ、食養生のすばらしさを広めていきたいと話すのは、神戸市でマクロビオティックカフェと料理教室・講座「whole foods kitchen credo」を営む2人。オーナーシェフである谷尚子さんと癒食カウンセラーの米澤万由美さんは、共に深刻な体調不良を、マクロビオティックを学び実践することで乗り越えた経験を持ちます。

マクロビオティックに助けられた経験から

「会社員時代は月の半分が出張。激務に加えて3食が外食で、持病のアトピーもひどくなり、体調を崩してしまって。自分の感情の起伏の激しさにも自分でついていけなくなっていました」と辛かった過去を振り返る谷さん。 そこで見直したのが食べ物。体調を整えようと始めたのがマクロビオティックでした。「最初は自分のためだったのが、同じものを食べている家族の体調もだんだん良くなっていって、これはすごいなと実感しました」。

米澤さんは元看護師。「20代前半の私は、仕事のストレスや夜勤などの不規則な生活で、暴飲暴食の毎日でした。月経前後の体重が、5キロほど増減するのは当たり前。1年間で30キロ太ったこともあります。月経不順もひどいし、不眠症で薬も飲んでいました」。イライラすることもしょっちゅうで、気性の荒さはまるで肉食獣だったと笑います。

そんな自分自身に手を焼いていた米澤さん。気軽な思いで始めたのが "なんちゃってマクロビ"でした。「肉は食べるし外食もするけれど、普段の食べ物や食べ方に気をつけたり、マクロビオティックで万能ドリンクと言われる梅醤番茶を飲んだりしたりしているうちに、少しずつ体重が元に戻って、不眠症やイライラからも解放されました」。

そんな2人を結びつけたのが、共に通っていた大阪のマクロビオティック学校。マクロビオティックカフェをしたいと思った谷さんが米澤さんに声をかけ、兵庫県三木市にある谷さんの自宅の一角を間借りする形で「whole foods kitchen credo」はスタートしました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ