トップ > 食育特集 > File.06(1)

特集メインタイトル

日本のワイナリーといえば、山梨や長野を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、大阪にも日本が誇るワイナリーがあり、明治時代から培われてきたワインづくりの精神が受け継がれています。ぶどう栽培からこだわる大阪府柏原市のワイナリーを訪ねました。

カタシモワイナリー

創業 1914年
大阪府柏原市太平寺2-9-14 072-971-6334
http://www.kashiwara-wine.com/
大正3年創業の西日本最古のワイナリー。「日本人の味覚に合う上質なワインづくり」を原点に、100年以上にわたってぶどうの栽培とワインの製造を続けている。大阪府柏原市にある自社農園では、除草剤を使わない減農薬栽培に着手。農薬を一般的な使用量の3分の1以下に抑えて栽培したぶどうは、大阪府のエコ農産物にも認定されている。肥料にもぶどうの搾りかすや牛糞を使うなど、可能な限りの有機肥料にこだわり、2010年よりビオワイン(有機農法によるブドウで造られたワイン)の製造にもチャレンジ。代表の高井利洋さんは大阪ワイナリー協会を立ち上げ、日本のワインを守り発展させる活動にも力を注ぐ。

大阪に日本のワインの歴史を刻んで

最寄り駅からほど近いカタシモワイナリー。「これだけアクセスの良いワイナリーは世界中でもうちくらい」と高井さん。

この日降り立ったのは、大阪の繁華街・天王寺から電車で30分ほどの近鉄線安堂駅。静かな住宅街をのんびり10分くらい歩くと、カタシモワイナリーが見えてきます。こちらは西日本で最も長い歴史を持つワイナリー。創業100年を迎えた今も、先人の教えと伝統を守り、情熱をもってワインづくりに取り組んでいます。

訪れたころはちょうどぶどうの収穫シーズンと重なったこともあり、工場は1年で一番の繁忙期を迎えていました。摘み取ったぶどうは次から次へと機械にかけられ、甘酸っぱい香りが漂います。搾った果汁はタンクの中でひとまず発酵。その後木製の樽に移し、1年から1年半ほどかけて熟成させてからビン詰めをして、出荷の時を待ちます。

カタシモワイナリーでは、最後のラベル貼りまで手作業で行うのが昔からのスタイル。1本に込めた愛情の深さには、並々ならぬものがあります。販売すると即完売してしまう人気のスパークリングワイン「たこシャン」もこのようにして生まれ、多くのテーブルに華を添えています。

大阪を見下ろす絶景の自社農園

本社工場から歩いてすぐのぶどう畑。大阪とは思えない風景が辺り一面に広がっています。

「本社工場から徒歩で行ける場所に自社農園があるんですよ」と同ワイナリーの代表を務める高井利洋さん。案内されること5、6分。情緒ある古民家郡を横目に細い路地を抜けると、急に視界が開けました。

合名山(ごうめいやま)の斜面一帯に広がるのは1.5ヘクタールもあるぶどう畑。ここが大阪?本当に駅近くの住宅街?と疑ってしまうほど壮大な、自然が織りなす景色に心を奪われます。「花が咲くころは辺りに香りが広がって、絶好の散歩コースになるんですよ」と笑みがこぼれる高井さん。自社農園では現在18種類のぶどうを栽培。除草剤を使わない減農薬栽培に取り組み、可能な限り有機肥料を与えるなど、安心・安全面にも配慮しています。「これだけの土地とぶどうを管理するのは手間も資金もかかります。でもこの仕事はきっと自分にしかできないと思って毎日やっているんですよ」。

創業以来、ずっと大切に守り続けてきたぶどうの木は、雨風を乗り越えて今年もたわわに実をつけました。傷んだ粒を手でやさしく摘みながら、愛おしそうにぶどうを見つめる高井さん。畑に漂うふくよかな香りが、大阪産ワインの深い歴史を物語るようです。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ