トップ > 賢人の食と心 > 祝御遷宮 伊勢神宮一覧 > 【特別企画】 祝御遷宮 伊勢神宮(神田編)

平成25年、62回目の「式年遷宮(しきねんせんぐう)」を迎える伊勢神宮。
式年遷宮とは、20年に一度、御社殿の隣にある敷地に新宮をお建てし、神々にお遷りを願う神宮最大のお祭りです。このお祭りでは、御社殿の建替えをはじめ御装束や神宝もすべて新調され、神宮は常に新しく保たれます。 式年遷宮の年、持統天皇4年(690年)から1300年以上も続くこのお祭りの意味に思いを馳せながら、早春の神宮をお参りしました。
今回は、神宮神田をご紹介します。

日本書紀によると、その昔、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天孫である瓊々杵尊(ににぎのみこと)を地上に降ろされる際に、高天原の稲穂を「これを日本人の主食とするように。」と授けられたことから、地上に稲がもたらされたと伝えられています。神宮神田は、今から二千年前に第11代垂仁天皇(すいにん)の皇女で、伊勢に神宮を創建された倭姫命(やまとひめのみこと)が、この地をお定めになられました。この神田では神宮にて1年を通して執り行われるお祭りで使用されるお米を育てており、その年にとれた新米は、10月に行われる神嘗祭(かんなめさい:その年に収穫された新穀を最初に神様に捧げ、無事に実ったことを奉告し、感謝を申し上げるお祭り。)の際にお供えされます。

――神宮の調度部で御料地管理のお役目をされている、神宮技師で作長の山口剛様にお話しをお伺いしました。

神宮神田は、五十鈴川より水を引き入れ、東西に500メートル、南北に60メートルほどの面積でお米を栽培しております。神田の北側中央に位置する鳥居の正面には、白い石が敷き詰められた祭場、すなわちお祭りを行なう場所があり、神田では年に3回儀式が行われます。今年(2013年)で言いますと、4月2日に、「神田下種祭(しんでんげしゅさい)」がございます。山に入る許可を頂く山口祭(やまぐちさい)と、樫(かし)の木を伐らせていただく木本祭(このもとさい)を行い、木を伐り、鍬(クワ)を作ります。それから、山から下山して、田を耕し、種まきをします。そして、苗ができましたら5月初旬に「神田御田植初(しんでんおたうえはじめ)」という田植えのお祭り、秋には「抜穂祭(ぬいぼさい)」という収穫のお祭りへと続きます。(神事に用いる稲穂は、抜き取って奉納されます。) このように、神田においても節目に必ずお祭りをしております。

神田で常時勤務しておりますのは、基本的に私を含めまして6名です。今現在は遷宮を間近に控えておりますので、2人増えて8名おります。そして、お田植えの奉仕の際には約60名の方々にご奉仕いただき、神嘗祭(かんなめさい)・月次祭(つきなみさい)で使うお供え物の穂の形を整える作業には、3人の方に20日間にわたってご奉仕いただきます。 お祭りが行なわれる際には、その都度お祭りの保存にご協力いただいている町内の方々にもお手をお借りしており、奉仕の皆様、保存会の皆様には大変感謝しております。

かつて、神田での作業はすべて人力で行なっておりました。土を耕す、苗を植える、収穫する、全て人の手だけで行なっていたのです。といいますのは、馬や牛ですと不浄なものがあるといけないということで、人の手だけでやっていたのです。非常に手間をかけて稲を育てていた田んぼと言えます。ですから、今でも肥料は草刈りでできた草を利用しています。草を摘んで堆肥として利用し、それ以外に必要な場合は化成肥料も使いますが、いわゆる糞系の堆肥は入れておりません。

お米を作る御料地は、他に伊雑宮(いざわのみや:志摩市磯部町上之郷)にもございますが、伊雑宮はこちらの約30分の1の面積ですので、ここでお祭りに用いるお米のほとんどを賄っているといっても過言ではありません。 ですから、ここでお米ができない事態があればお祭りの際に困ってしまいますので、必要量を確実に収穫するための方法をとっています。それはまず、台風や災害などで全滅する危険性や収穫時期が同じになることを回避する為に、現在日本で栽培されている品種の中から生育速度の違う様々な稲を育てています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ