トップ > 食育訪問 >明治 ヨーグルト館

メインタイトル

最近、発酵食品の魅力に再びスポットライトがあてられるようになりました。その代表格のヨーグルトは、朝食やデザートに好んで食べる人が多い食品。普段何気なく口にしているヨーグルトには、どんな魅力が隠されているのでしょうか。明治ヨーグルト館を訪ねました。

映像ゾーンでは、アニメを使った楽しい動画でヨーグルトに関する情報をわかりやすく紹介しています。

古代エジプト人も愛した味。

明治ヨーグルト館は、関西国際空港からほど近い関西工場に併設されています。甲子園球場の4.5倍もの広大な敷地の中にあり、予約すれば誰でも気軽に訪れることができます。館内は、映像ゾーン、展示ゾーン(ヨーグルトの歴史や文化をパネルなどで紹介)、工場見学ストリートで構成。これらを60分の見学時間内で巡り、ヨーグルトについてのさまざまな知識を学んでいきます。館内に入るとまず案内されたのが映像ゾーン。こちらでは、ヨーグルトにまつわるクイズに挑戦したり、乳酸菌の不思議についてわかりやすく紹介しています。ヨーグルトが食べられるようになったのは、今から5,000年以上も前の古代エジプト時代。その始まりは、木桶や革袋に入れておいた牛などの乳に偶然乳酸菌が入り込んでできたものと言われています。その後アラビア半島から遊牧民によって広がり、日本には7世紀ごろに伝わりました。保存性が良く栄養価が高いヨーグルトは重宝され、何よりそのおいしさに私たちの祖先も魅了されたようです。

展示ゾーンには工場で製造されているお馴染みの商品がずらりと並んでいます。

ヨーグルトパワーを世に知らしめた人。

ヨーグルトと健康長寿の関係性について世界で初めて科学的な観点から研究を行ったのは、1908年に「免疫食細胞説」でノーベル生理学・医学賞を受賞したフランスの細菌学者イリア・メチニコフでした。彼は「腸内腐敗によって老化が進む」という持論を展開。予防のためにはヨーグルトに含まれる乳酸菌が有効と、長寿国で知られたブルガリアのヨーグルトを自ら食べ続けました。メチニコフの主張は現在では「プロバイオティクス」という言葉になり、広く知られるようになりました。プロバイオティクスとは、体に良い働きをする生きた菌や微生物のこと。乳酸菌もその1つです。この乳酸菌で作るヨーグルトは腸内環境を整えるだけでなく、アレルギーや病気になりにくい体へと導くとされ、近年の研究では歯周病予防や胃の健康を維持したり、免疫力を高めてくれることがわかってきました。だたし、口から摂取した乳酸菌は腸に長くとどまることができません。私たちは毎日ヨーグルトを食べ続けることで、健やかな腸内環境を保つことができます。

工場見学の記念にお土産がプレゼントされます。こんな心配りが参加者にはうれしいですよね。

食の安心安全を守る取り組み。

では日ごろ食べているヨーグルトは、どのようにして私たちの元へと届けられているのでしょう。それを知ることができるのが工場見学ストリートです。まっすぐに伸びた見学通路の窓越しに、製造工程を見ることができます。関西工場では主に西日本に出荷する製品を年間約10万kl生産しています。工場内はレイアウト動線が工夫され、安心安全に配慮。ほとんどの作業をオートメーション化することで、徹底した品質管理を実現しています。また一部はドライ床を採用し、細菌が増えないようにするなど衛生面への配慮も万全です。消費者の目には見えないこうした企業努力が、私たちの健康や安全な食卓を守ってくれています。

明治ヨーグルト館内のご紹介

工場見学通路

見学通路からはヨーグルトが製造される工程を順に見ることができます。

展示ゾーン

ヨーグルトに関する文化や歴史をわかりやすく紹介しています。

大きな機械がいっぱい並ぶ工場内。実際に製品が作られています。

乳酸菌が生きて活動している様子も映像で確認することができます。

DATA:

明治 ヨーグルト館

大阪府貝塚市二色南町16番地

TEL 072-431-1236 (月~金 9:00~17:00)

開館時間 9:30~16:00

休館日 土、日、祝祭日、年末年始

見学は予約制です。

URL http://www.meiji.co.jp

(2015年3月 現在)

 

ヨーグルト館 からのメッセージ

当館はヨーグルトができあがるまでの過程や乳酸菌についての知識を楽しみながら学んでいただける施設です。お子さまの自主学習や夏休みの自由研究などにも役立てていただけると思いますので、ホームページから予約状況を確認のうえ、ぜひご家族連れでご来館ください。

【取材レポート】
ヨーグルトには固形のものと飲むタイプがありますが、効果はどのように違うのだろうと日々疑問に思っていました。その謎がヨーグルト館を訪れて解決。飲むタイプは固形を潰したものなので、同量を摂取すれば乳酸菌量や働きに差異はないそうです。また、ヨーグルトのふたを開けるとしばしば表面に溜まっている水分。これは水溶性タンパク質やビタミンなどの栄養が含まれているホエーと呼ばれるもので、捨てずに混ぜて食べるのがベストなんだとか。知って「なるほど!」な情報でした。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ