トップ > 食育特集 > File.08(1)

特集メインタイトル

長い入院生活を送る患者さんにとって、食べたくても食べられなくなることは何よりつらいこと。生きることの証である「食事をしたい」という患者さんたちの願いを叶える、やさしいスープがありました。

京都第二赤十字病院

京都府京都市上京区釜座通丸太町上ル春帯町355-5 075-231-5171(代)
http://www.kyoto2.jrc.or.jp
充実した医療設備を備え、安心で安全な高度医療を提供。24時間体制による救急医療の提供や病院の施設・設備を共有できる体制、地域の医療従事者のために研修を行うなど、地域医療の中核を担う。また、質の高いがん治療を受けることができる地域がん診療連携拠点病院としての役割も大きく、外来化学治療センターを完備。緩和ケアの必要性も重視し、患者さんのさまざまな苦痛に対してやさしさと配慮をもった対応を行っている。

スープがつなぐ生きる力

「おいしいですね」とにっこりほほ笑む患者さん。先生たちもほっと安堵の様子。

料理研究家の辰巳芳子さんが、病と闘う自身の父親を思い、試行錯誤を重ねて生まれたスープがあります。それは「いのちのスープ」と呼ばれ、「生きること」や「愛」を伝える味として、広く知られるようになりました。いのちのスープを教える辰巳さんのもとには多くの医療従事者たちが集い、患者さんたちに食べる喜びや味わうことの尊さを伝えています。

京都第二赤十字病院もその一つ。穏やかな昼下がり、医師と調理師たちはある患者さんのもとを訪れました。ベッドサイドに運んだ白いポットから、ふわりと立ち上る香りが食欲をそそります。患者さんにとってはこれが5日ぶりの食事。喜びの中に一抹の不安が入り混じります。「もっと濃いのかと思っていたら、香りが良くてやさしい味。温かさもちょうど飲みごろね。これで体の調子も戻ってくれたらうれしいわ」。湯気の向こうの顔が思わず緩みました。患者さんの笑顔を呼び戻すスープ食の活動。それを支える医師、看護師、スタッフのみなさんに話をうかがいました。

―いのちのスープとの出会いを教えてください。

化学療法・緩和ケア部副部長 外科医長
柿原直樹先生

柿原先生 スープの考案者である料理研究家の辰巳芳子さんが、6年ほど前に緩和ケアを行う施設の医師や看護師などを集めて料理教室を開かれました。そこへ当院の緩和ケアチームを代表して僕と西谷さんとでおじゃましたのがきっかけです。
西谷さん 初めてスープを飲んだとき、素材の味が体中に染みわたって、ほっこりしたのを覚えています。仕込む工程を見せてもらうと、とても丁寧で細やか。きちんと計算された味なんだなあと驚きました。
柿原先生 塩分濃度が低いので、健常人の僕にはやや薄味でした。でも食材の旨み成分が強い。確かにおいしいスープだという印象が強く、自宅に帰ってすぐに実践しました。合間を見つけては玄米スープ、野菜のコンソメスープ、昆布スープの試作を重ねました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ